部門・チーム紹介

手術部

特色

手術部では年間約5,545件の手術を施行しています。2,764件の全身麻酔(440例に硬膜外麻酔、917例に神経ブロックを併用)を含む約2,767件が麻酔科管理症例であり、その他は各科による局所麻酔にて行われています。
手術内容は多岐に亘っており、平成27年度の各科の手術数と代表的な手術対象疾患を表に示します。

手術実績 平成27年度(2015年度)

  手術件数 麻酔科管理 全身麻酔 手術対象疾患
 
内科
0
0
0
食道腫瘍
 
外科
1,355
1,123
1,118
大腸癌・胃癌・肺癌
乳癌・肝癌・胆石
整形外科
910
613
613
股関節
膝関節全置換・上肢骨折
脳神経外科
177
106
106
脳腫瘍
くも膜下出血
心臓血管外科
250
54
54
腹部大動脈瘤
閉塞性動脈硬化症
皮膚科
315
47
45
皮膚悪性腫瘍
褥瘡
泌尿器科
532
140
136
腎癌・前立腺癌
膀胱癌
産婦人科
514
253
221
子宮筋腫・卵巣腫瘍
子宮癌
眼科
844
2
2
白内障
 
耳鼻いんこう科
462
340
340
頭頚部癌・扁桃肥大
中耳炎
歯科・歯科口腔外科
179
82
82
副鼻腔炎
下顎骨折
麻酔科
7
7
7
経皮的気管切開
 
救急科
0
0
0
 
 
合計
5,545
2,767
2,764
 
 

多岐に亘る手術症例を安全に管理するために最新の機器とシステムを導入しています。病棟から手術室へ到着時と手術室入室時の2回、バーコードを用いた患者認証システムにより本人確認を行っています。
また手術開始前に麻酔科医・術者・手術室看護師で氏名・病名・手術内容・手術側を再確認するタイムアウトと手術創閉創前にサインアウト(全ての業務を一旦中止して確認作業をすること)を実施しています。
また、麻酔科術前診察終了後に手術室看護師による面談をさせていただき、手術に関する不安などを伺っています。
何よりも手術中の安全を第一に考え、安心して手術を受けていただけるように、手術前・手術中の管理・看護を麻酔科医・術者・看護師が一丸となって行っています。

手術室

手術室 9室

スタッフ

  • 手術室看護師/30名
  • 手術部部長/高田幸治
  • 手術部師長/大畠香代子
ページの先頭へ移動