市立豊中病院 看護部

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

先輩メッセージ:先輩から一言

「一緒に働いてみませんか?」

5階北病棟 巽 結衣

私は、自宅から通える急性期病院を条件に、市立豊中病院への入職を決めました。病院見学会では、看護師が多職種と連携をとり笑顔で働く姿、雰囲気に好感を持ちました。職場は、これから過ごす第二の生活の場であるため、雰囲気・環境は大事だと思います。

新人研修は、少人数制で行なわれるため相談しやすく、実際に病棟に配置してある通りの物品を使って技術練習を行うので、実践に役立ちます。グループワークでは、他病棟の同期の意見を聞く機会があり、知識と視野が深まります。

看護師1年目は先輩看護師の技術を見学することから始まり、一人で実施できるまで見守り・確認してもらえるため自信につながります。ケアを通して患者さんが回復する姿をみられ、感謝の言葉をいただけると仕事にやりがいを感じ、嬉しく思います。

3階南病棟 清水 美輪

就職の決め手は、当院は卒業校から近く、馴染のある地域であり、病院見学会で紹介された教育プログラムや先輩から聞いた病棟の雰囲気でした。先輩方は丁寧に教えてくださるため、わからないことや自分の手技について相談しやすく、話しかけやすい環境で仕事に取り組むことができます。

病院に慣れるまでの期間に多くの新人研修があるので、同期と顔を合わせて話をし、グループワークを通して共に知識と絆を深めることができました。悩みや不安を共有することもできたので、研修は大きな心の支えになりました。

患者さんに未熟なケアを実践しながら責任を持つというプレッシャーはありますが、日々できることが増えていくこと、自分の目指す看護への実践に少しでも近づけた時に、やりがいやうれしさを感じます。

8階北病棟 東 洋美

私が勤務している内科病棟では、糖尿病や腎臓病の患者さんが多く療養されています。患者さんの年齢や生活背景は様々であるため看護ケアや指導方法に悩む時はありますが、患者さんに合った看護や、退院後の療養ができるようにチームで取り組んでいます。

私自身は、子育てをしながら在職10年が過ぎました。仕事と育児が出来ているのも、家族の協力、病棟看護師長・副看護師長が働き方を共に考えてくれ、スタッフの協力のおかげであると感じています。まだ外部研修会に参加することは難しいのですが、病院内では多くの研修があり、勤務時間内に参加できるため、子育て中でも知識の向上は図れます。

仕事は楽しいことばかりではありません。しかし、看護師として知識や技術の習得ができ、やりがいを持って看護を提供できる病院です。是非、一緒に働きましょう。お待ちしています。

救急外来 副看護師長 川原 瑞枝

新卒で、呼吸器と循環器・心臓血管外科の病棟に配属になりました。学生時代から苦手意識があり、不安でしたが、先輩の指導や自己学習で、数年後にはICUへの配置転換を希望しました。ICUでは様々な重症患者さんとそのご家族に、多職種チーム一丸となってケアできてやりがいを感じています。

現在は、救急・内視鏡部の配属で、経験を生かして緊急度・重症度の高い患者さんやご家族の対応を行ない、救急看護師として地域へ戻っていただくために何ができるか模索しながら看護を行なっています。

現在子育て中で、周囲の協力のもとで仕事を続けられています。たいへんな事は多々ありますが、子育てしながら働いていた先輩や、同じ状況の同僚達と話すことで乗り切れています。また副看護師長としての役割に悩む時もありますが、忙しい中にも楽しいことが沢山ある毎日は、自分の成長につながっていると感じています。

5階南病棟 室屋 佳祐

新卒で、集中治療室に配属後、現在は外科病棟で勤務しています。集中治療室では様々な疾患や治療に携わることができ、そこで培った技術や知識は大きな財産となり、現在の周手術期看護にも役立っています。またその経験は看護ケアの場面だけでなく、スタッフや後輩指導をする際にも生かされ、スタッフから信頼してもらえる大きな要因のひとつになっていると感じています。

外科病棟は忙しい環境ですが、患者さんが笑顔で退院される時は非常に嬉しく、その姿に元気をもらい、やりがいを感じることができます。また病棟には複数の男性看護師や経験年数が異なる看護師がいるため、様々な視点から看護に取り組むことができるのも大きな特徴です。そのメンバーに加わりませんか。ぜひ一緒に働きましょう。

ページの先頭へ移動