市立豊中病院 看護部

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

先輩メッセージ:先輩から一言

「一緒に働いてみませんか?」

救急・内視鏡 松尾沙織

当院は、二次救急体制を担っており、救急外来には歩いて来られる方から救急搬送までたくさんの患者さんが来院されます。年齢も新生児から高齢者まで幅広く、疾患もさまざまで知識や技術のスキルアップが図れ、いろいろな経験が積めます。看護師は、救命を最優先に考え、適切なトリアージの実施、診療・治療の介助、患者さんや家族への精神的サポートを行っています。

内視鏡部では、最先端をいく内視鏡的検査や治療の介助に就いています。忙しい日々ですが、スタッフ同士協力し合い、チーム医療の一員としてやりがいを感じながら楽しく働いています。学べる機会が多いので、一緒に働けるスタッフを待っています。

8階南病棟 篠原由紀子

集学治療病棟

私は就職してすぐに子供を授かりました。先輩方の協力もあり無事に出産しましたが仕事も子育ても大変で悩む時もありました。その時も先輩達が積極的に協力して下さり両立出来ています。配属病棟は集学治療病棟で、がんと闘う患者さんに毎日勇気づけられています。そんな患者さんと一緒に闘う先輩は私の憧れです。私も早く一人前になろうと毎日頑張っています。
どちらもまだまだ未熟ですが、子供の成長と共に私も成長していきたいと思います。

手術部 岡田藍子

市立豊中病院では各診療科の手術を、年間約6,000件行なっています。新人でも経験者でも、全ての手術介助が行なえるように、基本的な技術から各科特有の技術まで、認定看護師を中心に丁寧に指導を行なっています。手術室看護師窓口(術前外来)も開設し、早期より積極的に患者様に関わることで、質の高い周術期看護の提供をめざしています。
また、仕事と家庭を両立しているスタッフも多く、私自身も子育てしながら在職10年目になります。これも、周囲の協力と理解があってのものです。
ぜひ、一緒に頑張りましょう。

5階南病棟 宮崎翔子

外科病棟

私は就職して4年間、外科病棟で勤務しています。周手術期の患者様のケアを行いながら、緊急入院の患者様を多く受ける病棟ですが、日々スタッフと力を合わせて仕事をしています。辛いこと、嬉しいこと、色々ありますが、患者さんが元気に回復して退院される姿を見ることが一番嬉しいです。
また、勉強会やカンファレンスでは先輩ナースよりアドバイスをもらい知識を深めることができています。患者さんにとって一番良いケアや方法を考え、他部門との連携を図りスタッフと協力して看護を行うことにやりがいを感じながら働いています。

3階南病棟 鍵井紹子

NICU病棟

NICU病棟は新生児の集中治療病棟です。専門性の高い医療ケアを提供するユニットです。日々、医師やコメディカルのスタッフと協力しながら、ベビーとその家族のニーズに即したケアの提供を目標に関わっています。専門知識や技術の習得には、先輩看護師が1年半しっかりとついてサポートをしてくれるので、安心して日々勉強ができ、やりがいも感じることができると思います。また、毎日かわいいベビーたちには癒され、元気をもらっています。一緒に頑張って働けるスタッフを待っています。

ページの先頭へ移動