市立豊中病院

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

病院指標

平成28年度 市立豊中病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

※【患者数】10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入しています。

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1394 336 335 665 878 1027 2507 3761 2645 489
当院の患者の年齢層は0~9歳と70~79歳にピークがあります。最近は80~89歳の患者さんも増加してきております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 156 21.67 21.25 52.56 83.81
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 90 14.08 12.43 6.70 78.07
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 49 14.53 15.29 16.30 83.06
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 41 13.66 13.60 9.76 83.24
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 38 8.26 8.31 0.00 41.55
第1位「誤嚥性肺炎」
食物、飲料、唾液といった口腔内にある物を正しく食道に飲み込む運動を嚥下と呼びます。誤嚥とは、これら口腔内の物を誤って気管に飲み込んでしまうことを指し、通常は激しい咳反射が起こり排泄しようとします。誤嚥性肺炎は、誤嚥(物)が原因で起こる肺炎です。高齢者(特に寝たきり)や脳梗塞後遺症などで嚥下障害があり、咳反射の弱い人が、持続的に誤嚥をして発症することが多い病気です。誤嚥を繰り返し、全身状態がさらに悪化する場合は遷延化しやすくなります。当院では、まず食事を一旦中止して、抗菌薬、水分、塩分、糖分を点滴で投与して治療を行います。病状が改善すれば、言語聴覚士や耳鼻科専門医が嚥下機能を評価します。嚥下機能が比較的保たれていれば、嚥下訓練をしながら、とろみ水などから開始して、嚥下食を段階的にアップしていきます。嚥下機能が高度に低下していれば、経鼻栄養で体力をつけ全身状態の改善を図りながら、機能回復を待ちます。回復が乏しければ、患者家族と相談しながら、胃瘻治療の適応も検討しています。

第2位 「腎臓または尿路の感染症」
腎盂から膀胱までの尿路系に起こる細菌感染症です。入院加療が必要となるのは、ほとんどが腎盂炎です。入院当初から、起炎菌の同定と薬剤感受性を明らかにするために、細菌培養検査を始めます。細菌が尿路から血液中に拡がって、敗血症という状態にまで陥っていないか、尿と血液の培養検査を並行して行います。また、CT画像検査で炎症部位を確認します。そして、尿路結石や尿路狭窄所見がないかを確認し、必要があれば泌尿器科と連携して治療を進めています。起炎菌が多剤耐性菌である場合は、薬剤感受性に従って抗菌薬を慎重に選びながら治療しています。

第3位、4位、5位 「肺炎」
細菌やウイルスなどの病原微生物が原因で起こる肺の急性感染症です。A-DROPスコアは身体所見、年齢による肺炎の重症度分類です。咳、痰、発熱の症状が現れます。ほとんどは細菌性肺炎で、代表的な原因菌(起炎菌)が肺炎球菌です。若年者ではマイコプラズマ肺炎も多くあります。インフルエンザ流行期には、特に高齢者で、インフルエンザ肺炎も見られます。普通の日常生活を送っている人が感染しておこる市中肺炎は予後良好で、抗菌薬治療によって1~2週間で退院できます。いっぽう、高齢者や免疫機能が低下した人の肺炎では重症化しやすく、本邦の死亡原因でも第3位を占める要注意の病気です。当院では、入院時にCT画像検査で炎症の程度や拡がりを調べ、細菌培養検査で起炎菌とこれに有効な抗菌薬(薬剤感受性)を明らかにしていきます。起炎菌が判るまでは、薬剤耐性化機構阻害薬を混合した第一世代ペニシリン製剤で治療を開始することが多く、耐性菌が出ないように注意しています。効果が乏しい場合には、感染制御チームと連携しながら広域の抗菌薬を使用します。高齢化社会に伴い、肺炎患者数は増加しています。

内分泌代謝内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 129 13.49 16.40 0.00 68.22
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 3.89 6.12 0.00 54.93
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 21 12.14 14.61 0.00 53.05
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 20 13.60 14.91 5.00 68.75
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 10.38 13.78 6.25 47.06
第1位、第3位、第4位 「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)」
2型糖尿病は、糖尿病の大部分を占める病型ですが、合併症の程度や治療戦略は多様です。発病当初は1~2種類の経口糖尿病薬を内服することで、良好な血糖コントロールが得られます。しかし、年齢とともに緩やかに悪化し、同じ治療法ではコントロールが困難になってきます。不良な血糖コントロールを放置すると、やがて多彩な合併症が現れ、それが進行するため、治療法を見直すことが重要です。当科には、血糖コントロールを改善し、この良い状態を維持できる治療法を見定める目的で、2型患者さんが前年度と同様に多数入院しました。末梢循環不全などの合併症を既に有する場合が少なくありません。入院期間が短縮できるように、入院当初はインスリンを用いて糖毒性を解除するのが一般的です。そして、引き続きインスリン治療を継続する必要かあるかを検討します。近年、新たな経口糖尿病薬が次々開発されており、治療選択肢は飛躍的に広がっています。患者さんの病状、年齢、生活習慣、家庭環境などに応じて、最適な治療法を提供します。医師をはじめ栄養士、薬剤師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、臨床心理士など多職種から成る医療チーム「糖尿病センター」を組織して、患者教育に力を注いでいます。入院中は、糖尿病教室などを利用して、糖尿病への理解を深めた上で療養生活指導を行っています。最近は、高齢者糖尿病の急性増悪例が増えており、悪化原因の精査を行うことが大切です。個々の患者さんに応じて柔軟な治療計画を立て、1~2週間の短期入院を目指しています。

第2位 「副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍」
副腎皮質からホルモンが過剰分泌される病気で、多くはホルモン産生腫瘍が原因です。腫瘍自体はほとんどが良性で、画像検査でも見つからない小さいものも、たくさんあります。しかし、アルドステロン(原発性アルドステロン症)は高血圧を、コルチゾール(クッシング症候群)は高血圧、高血糖、肥満などのホルモン過剰症状(機能亢進症)をきたすため、適切に治療することが重要です。同じく副腎内で髄質部分からアドレナリンを産生する腫瘍(褐色細胞腫)が原因で高血圧や糖尿病をきたす場合があり、鑑別診断することも大切です。いっぽう、無症状の人に副腎腫瘍が偶然に見つかり(偶発腫)、この腫瘍がホルモンを過剰産生しているか否か(機能性か、非機能性か)が問題になります。ホルモン産生腫瘍であれば、積極的に治療することが必要となるからです。原発性アルドステロン症は、高血圧症患者の5%程度に紛れている頻度の高い病気です。外来のホルモン・スクリーニング検査で本症が疑われる例や、高血圧を合併する副腎偶発腫の検査入院数が年々増加しています。 当科では、短期(3~4日間)の検査入院中に各種内分泌検査を行い、信頼できる診断を導いています。最終結果は退院後に外来診察で説明し、治療が必要なら薬物療法の導入や、他科と連携し外科治療法を検討していきます。

第5位 糖尿病ケトアシドーシス、非ケトン昏睡
糖尿病において、著しい高血糖に伴って体内の代謝や水分バランスが破綻状態に陥り、直ぐに適切な治療を行わないと生命も脅かされる危険な病態です。重症例では昏睡に至る意識障害が見られます。2種類の病型があります。ケトアシドーシスは、インスリン作用が極めて弱いためにケトン体という代謝物が増加し、血液のpHが酸性に傾く病型です。インスリン分泌能がもともと低下している1型糖尿病に起こりやすい緊急事態です。いっぽう、非ケトン昏睡はケトン体増加は軽症ですが、高血糖と脱水の程度が極体に重篤な病型です。2型糖尿病患者さんが、感染症などを契機にして陥ることがしばしばです。本院では、いずれの病型についても、集中管理ができるハイケア・ユニット病床で急性期治療を開始します。インスリンの持続注入と適切な補液治療を行い、危機的状態を脱すれば一般病棟へ移動します。そして、誘因となった原因精査と治療を行い、再びこのような病態に陥らないないように糖尿病治療法を調整した上で退院としています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 119 4.36 3.68 1.68 73.18
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 68 14.13 12.35 1.47 73.06
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 6.49 9.14 2.13 36.49
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 46 26.39 19.92 6.52 73.30
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 12.84 14.83 6.45 75.87
呼吸器内科で1番多い入院は肺癌に対し生検を実施する検査入院です。当院では気管支鏡、CTガイド下経皮肺生検を積極的に行っています。2番目に多いのは肺癌に対する化学療法のための入院です。3番目は自然気胸です。呼吸器外科と連携しなるべく短期間の入院となるよう心がけています。4番目は間質性肺炎で、呼吸不全の状態で入院されることが多いです。次いで肺癌末期の緩和目的の入院が続きます。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 113 20.72 16.83 0.00 69.08
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 32 25.88 17.63 3.13 74.91
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 28 44.07 41.96 3.57 62.29
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 26 33.69 34.90 0.00 73.50
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 14.09 10.71 4.55 66.32
当科は豊中市内において、無菌室8床を備える唯一の施設であり、北摂地区における血液疾患の基幹病院の1つとして多数の症例に対応しています。悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫が多い)には初回化学療法は入院にて施行し、可能な症例では、以後は外来化学療法に移行しています。また再発例にも、新たに化学療法を施行し、再度の完全寛解を目指しています。急性白血病には、無菌室にて強力な多剤併用化学療法を施行しています。また悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の適応症例には自家末梢血幹細胞移植を施行しています。
さらに、血液疾患では分子標的薬などの新薬が次々と開発されていますが、当科でもすみやかに使用できるように対応しています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 14.75 12.84 2.67 70.68
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 26 28.73 22.67 3.85 67.62
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21(人工腎臓その他の場合)あり 副傷病なし 18 16.94 14.77 11.11 69.61
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1(経皮的針生検法)あり 副傷病なし 17 8.41 7.58 0.00 52.59
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 20.00 14.60 15.38 79.31
DPCコード1番目の群は主に慢性腎臓病ステージ4,5の患者さんの教育や合併症コントロールのための治療入院、3番目は主に血液透析導入のための入院、4番目は主に腎生検検査入院が該当します。在院日数は短い方が良いですが、当院では高齢の方や他の臓器に色々な併存症を抱えている方が多いため入院日数は長くなりがちです。また、腎生検入院はほぼ全員5~6日の入院期間ですが、昨年度は1名のみ他科疾患を抱えていて長期入院になったため平均日数が8.41日に伸びています。ネフローゼ症候群の治療の場合、寛解に至って直ぐにステロイドを減量して退院すると再発の危険性も高まるため、当院では治療の確実性を保つため入院日数が長くなる傾向がありますが、ご理解頂けましたら幸いです。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 17.95 16.54 23.81 71.12
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 28 8.36 6.38 0.00 69.21
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 25 18.68 16.73 44.00 73.60
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 12.79 9.36 0.00 41.63
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 6.75 7.12 0.00 52.92
神経内科では24時間体制で神経救急疾患を受け入れており、表にある上位5疾患も多くが救急入院です。全入院例の約半数を占める脳梗塞では、発症年齢が70才以上です。適応症例には血栓溶解療法や血管内治療を行い、また脳保護薬(エダラボン)の点滴や早期リハビリテーションで治療をします。急性期治療後片麻痺などの症状が残っている場合には、地域連携パスを利用して回復期リハビリテーション病院へ転院されます。一過性脳虚血発作は、脳梗塞の前触れとして重要です。髄膜炎などの感染性疾患やてんかんの患者さんは、治療後に症状が安定すれば退院されるために、在院日数は比較的短期間です。上記に加えて、パーキンソン病、多発性硬化症などの神経難病も入院治療しており、地域基幹病院として広く専門的医療を提供しています。

消化器内科(肝・胆・膵)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 147 11.37 11.06 1.36 74.58
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 60 13.73 11.74 0.00 77.15
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 12.32 9.93 8.00 72.66
060270xx99x0xx 劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 手術なし 手術・処置等2なし 43 17.93 13.02 6.98 54.42
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 12.13 14.28 0.00 71.22
当院ではほぼすべての肝胆道疾患への対応が可能で、地域の中核病院としての役割を果たしています。総胆管結石による急性胆管炎に対して、緊急内視鏡下での除石術を実施しています。肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む)に対しては、消化器内科・外科・放射線科による合同症例検討会を行ない、個々の患者さんに対する最善の治療方針を診療ガイドラインに則して決定しています。肝細胞癌の内科的治療として肝動脈塞栓療法・ラジオ波焼灼療法を数多い症例で実施しています。ウイルス肝炎に対してはインターフェロンフリー治療などの抗ウイルス療法に積極的に取り組んでいます。肝硬変による胃食道静脈瘤に対しては内視鏡的静脈瘤結紮術・硬化療法のみならず、適応患者さんへは血管塞栓術(BRTO)を施行しています。

消化器内科(消化管)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 87 9.68 7.89 1.15 65.06
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 83 8.58 9.02 0.00 73.53
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 11.13 10.41 11.76 74.06
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 45 9.07 9.19 2.22 70.18
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 12.34 10.93 7.31 70.59
軽症の大腸憩室炎は外来治療が行われますが、高齢者や炎症反応が高値の場合、穿孔性腹膜炎をきたす可能性もあり、入院治療が必要となり、また憩室出血の多くの患者さんは入院治療を有します。高齢化に伴い、これら大腸憩室症は増加を認め、消化器内科入院の上位を占めます。また、当院は、北摂地区のなかでも、最新の内視鏡機器が配備され、日本消化器内視鏡学会の指導医・専門医、内視鏡技師を中心に積極的に難度の高い内視鏡治療を行っております。その中でも胃の悪性腫瘍の内視鏡治療である早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の症例が第2位となり、多くの早期胃癌症例の内視鏡治療を行なっております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 153 3.40 3.06 2.61 68.98
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 143 5.20 4.71 0.70 70.00
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 24.19 17.95 9.00 82.94
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 4.19 3.22 0.00 70.75
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 13.95 11.38 7.50 77.98
地域の基幹病院として循環器疾患全般に対応しています。中でも狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患が多く、冠動脈造影などの検査のための入院、カテーテル手術(ステント留置術)を目的とした治療のための入院件数が多いのが当院の特徴です。心筋梗塞や不安定狭心症は生命にかかわる疾患であり素早い診断治療が必要です。当院では24時間体制で循環器疾患の救急患者を受け入れており、緊急のカテーテル治療、集中治療を行っています。最近では高齢化に伴い、心不全の悪化による入院患者が増加しています。心不全では平均年齢が高く入院日数も長くなる傾向がありますが、当院では積極的に受け入れを行っています。再発を防ぐための継続指導や外来心臓リハビリテーションも充実しています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 129 5.55 5.79 0.78 3.95
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 89 4.79 6.09 1.12 1.99
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 82 5.56 6.02 1.22 1.65
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 79 3.21 3.95 0.00 2.04
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 69 4.20 5.50 1.45 4.19
熱性けいれんで入院する患者さんの多くは、複雑型熱性けいれん(短時間にけいれんを何度も繰り返したりけいれん時間が長かったものなど)であった例です。
ウイルス性腸炎の多くはロタウイルス腸炎でした。ロタウイルス腸炎で入院した患者さんのほとんどはロタウイルスの予防接種を受けていませんでした。予防接種はきちんと受けておきましょう。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 61 5.25 5.60 0.00 36.38
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 24 4.46 6.91 0.00 38.71
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 22 6.86 9.91 0.00 51.82
060150xx01xxxx 虫垂炎 結腸切除術 小範囲切除等 20 14.55 14.83 0.00 67.90
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 13 4.69 8.57 0.00 38.62
当院では急性虫垂炎が疑われた場合、ごく軽度の症例は抗生剤で保存治療を行いますが、それ以外はできるだけ受診当日に手術をおこなう方針としています。手術は重症度により術式や術後経過が異なり、虫垂周囲膿瘍を伴わない比較的軽度の症例の多くは腰椎麻酔下に右下腹部小切開でおこないます。膿瘍を伴う重症度が高い症例は、腸切除などに備えて全身麻酔でおこなうこともあります。また腹腔鏡手術も適応症例に行っており、増加傾向です。
腹壁瘢痕ヘルニア(脱腸)は主に腹部手術後に腹筋部の創離開によって生じます。小さなヘルニアは直接縫い合わせますが、大きなものは人工の組織補強材を用いて閉鎖します。

乳腺・内分泌外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 41 6.85 6.59 0.00 58.98
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 36 8.19 10.30 0.00 65.67
090010xx01x0xx 090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 24 10.54 11.57 0.00 60.96
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 12.20 9.39 30.00 60.80
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - 4.10 - -
可能な限り術前検査は外来で済まし、大部分の方が手術の前日に入院となります。乳癌のしこりが小さい場合は乳房部分切除(温存術)に努めています。また乳癌の手術時、腋窩リンパ節転移がなさそうな方にはセンチネル(見張り)リンパ節生検を施行し、術中に転移の有無を調べ、転移がない場合は腋窩リンパ節郭清を省略しています。リンパ節郭清を省略できれば創部に留置される管(排液チューブ)が早くに抜去でき、腕のむくみなどの後遺症が少なくなります。さらに慎重な術中、術後管理により合併症の発生の抑制を目指しています。以上のような事により術後早期の退院が可能となり、前年と同様、全国平均より短い平均在院日数の短縮の実現を目指しています。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 48 10.17 21.29 0.00 72.58
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 11.75 10.09 0.00 34.15
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 14 6.79 12.73 0.00 70.14
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24(化学療法ありかつ放射線療法なし)あり 副傷病なし 12 6.08 12.35 0.00 66.12
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28(アリムタ)あり - - 12.01 - -
原発性肺癌の標準手術は肺葉切除ですが、癌の進行度や残存肺機能を考慮して区域切除や部分切除といった肺温存手術もおこなっています。転移性肺癌の標準手術は部分切除です。当院ではこれらの手術の多くを、体への負担が少ない胸腔鏡を用いておこなっています。手術前日に入院していただき、肺葉切除、区域切除では術後約1週間、部分切除では術後3~4日で退院していただけることが多いです。手術数は年々増加傾向です。また進行癌の方には再発予防のために術後補助化学療法を行っています。
自然気胸の手術は、全例胸腔鏡を用いておこなっています。気胸の原因となる嚢胞(ブラ)を切除するだけではなく、医療用組織補強材(溶けて吸収される人工の布)で肺を被覆することで再発をできるだけ防ぐ工夫をしています。入院時に手術適応を早急に判断し、適応症例にはできるだけ早期に手術をおこなう様にしています。術後は3日前後で退院していただけることが多いです。手術数は、すべての気胸を含むと年間25例前後で推移しています。

上部消化管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x1xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等21あり 67 18.85 36.21 1.49 68.46
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.00 11.20 7.14 71.79
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 13 14.62 9.82 0.00 66.46
060020xx01x1xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等21あり 13 26.54 36.47 0.00 64.38
060020xx99x6xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり - - 6.41 - -
特に胃癌治療の実績が高く、期、期の進行胃癌に対し胃全摘術や幽門側胃切除術などの開腹手術と補助化学療法を組み合わせた治療で良好な治療成績を得ています。期の胃癌に対しては化学療法を中心に治療を行い、腫瘍縮小効果が得られており根治手術が行えることもあります。期、期の胃癌に対しては腹腔鏡下幽門側胃切除術、腹腔鏡下胃全摘術、腹腔鏡下噴門側胃切除術を行い、開腹手術よりも低侵襲で早期退院が実現できています。また、消化器外科の専門医以外にがん薬物療法専門医の資格も有し、難治性胃癌の集学的治療(手術+抗がん剤)を得意としています。JCOG胃癌グループなど先進的治療開発組織のメンバーであり、治験や臨床試験なども実績も豊富です。

下部消化管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 12.33 15.92 0.00 70.57
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 34 21.79 30.58 5.88 74.03
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 10.64 9.08 0.00 71.88
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 21 12.24 15.23 0.00 56.38
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 14.16 17.98 5.26 68.95
1位は通常の結腸がんの手術、2位は手術後に人工呼吸などの重症処置を必用とした結腸がんの手術、5位は通常の直腸癌の手術のデータです。1, 2, 5位は大腸がん手術のデータになりますが、これらは全国平均よりも短い在院日数となっています。3位は腸閉塞を手術以外の治療したケース、4位は腸閉塞を手術したケースです。腸閉塞手術例では平均在院日数は全国平均より短くなっています。当院の特徴の一つは大腸がんから腸閉塞のような緊急対応の必用な疾患まで幅広く対応していることです。大腸関連の手術数が多いため、残念ながら肛門疾患には対応できていません。手術は腹腔鏡手術を多く適応しており、大腸領域での内視鏡外科技術認定医が2人います。今後も患者さんにやさしい医療を目指していきます。

肝胆膵外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 6.10 7.61 0.00 59.36
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 75 6.05 6.82 1.33 61.89
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等21あり 43 16.67 20.56 0.00 71.81
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 12.13 10.33 18.75 68.19
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 7.69 9.93 7.69 73.08
これらの上位5位のDPCには、胆石症・胆嚢炎、肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌など)、肝内結石・総胆管結石に対する手術や処置の際に適応されるDPCが含まれています。ほとんどの術式においても全国平均より短い平均在院日数であり、患者さんに安心して手術を受けていただける体制と考えております。われわれは、術後合併症を減らすことなどにより入院期間の更なる短縮を目指しております。また今回上位5位には含まれませんでしたが、肝癌のみならず、膵癌、胆道癌、その他肝胆膵領域の良性腫瘍に対する外科治療も行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 87 29.28 27.63 71.26 81.78
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 70 31.36 24.42 5.71 67.10
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 57 6.54 5.49 0.00 52.60
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 41 41.17 26.26 7.32 74.44
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 37 15.81 14.19 2.70 58.27
整形外科では主として外傷と変性疾患を扱っています。手関節手術や肩関節手術では積極的に関節鏡を使用し、脊椎手術においても場合によって脊椎内視鏡を使用した鏡視下手術を行っております。手術を低侵襲で行うことによって早期の機能回復と入院期間の短縮を目指しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 10.83 9.87 7.69 74.83
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 7.17 7.52 6.38 59.70
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 18.79 19.35 47.62 66.00
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 10.45 7.70 0.00 77.95
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 13.65 11.83 10.00 79.50
脳神経外科では、腫瘍、血管障害、外傷などを対象としています。地域の状況、当院の特性から軽症の頭部外傷、脳出血の入院が多くみられます。社会の高齢化により、平均年齢の上昇を認めます。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 139 3.04 3.34 0.00 69.32
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 7.65 5.85 0.00 71.30
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 12 11.75 12.74 0.00 74.83
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 12 7.67 12.46 0.00 76.83
050170xx99100x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 3.00 3.59 9.09 71.27
心臓血管外科領域のうち末梢血管外科領域を専門とする診療科である。主に扱っている疾患としては、下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤である。低侵襲の血管内治療をスタンダードとすることにより合併症率は低く、ほぼ全例で自宅退院となっているが、一部、足趾潰瘍を生じている重症虚血肢で転院転帰となっている。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 45 10.22 11.97 2.22 68.56
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 19 8.58 8.78 0.00 76.79
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 18 7.22 5.94 0.00 51.22
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 10 12.50 18.22 0.00 63.60
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
上位は重症感染症治療目的、悪性腫瘍手術、良性腫瘍手術の治療目的です。当院の特徴は皮膚悪性腫瘍の治療目的症例が多いことです。前年と大きく変わることはありません。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 85 6.79 7.85 0.00 75.39
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 71 7.92 7.44 4.23 76.66
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 57 5.56 5.83 0.00 60.79
110080xx01x1xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等21あり 38 13.68 17.85 0.00 68.05
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 31 8.94 7.78 0.00 71.94
膀胱がんは高齢者に多く肉眼的な血尿で発見されます。最近食事の欧米化で尿路結石は増加傾向にあります。結石は除去するだけでなく、その後の生活習慣の改善が重要です。前立腺癌は男性の癌の中で最も罹患率が多くなりました。健診で腫瘍マーカーであるPSAが高いことで早期発見ができるようになりました。当科の前立腺癌手術はほぼ全例に手術支援ロボットを用いており、患者さんの身体的負担を極力減らすよう努めております。また高齢男性のほとんどに発生する前立腺肥大症には、おなかを切らない尿道からの内視鏡治療で対応します。

産科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 115 8.72 9.88 0.00 34.71
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 49 25.82 32.16 0.00 33.78
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 49 18.71 20.79 10.20 32.51
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 48 8.83 9.77 0.00 32.90
120140xxxxxxxx 流産 23 2.78 2.43 0.00 35.61
産科は、地域周産期母子医療センターでNICUが併設されているため、周産期管理が必要とされるハイリスク妊娠(早産、切迫早産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤などの産科合併症)、子宮内胎児発育遅延、内科疾患の合併症妊娠、多胎妊娠、前回妊娠時に異常のあった方を、近隣の分娩施設より積極的に受け入れております。受け入れた患者さんは、入院安静や子宮収縮抑制剤を投与し経過観察を行うことが多くなっています。

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 61 7.02 6.42 0.00 46.39
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 41 10.32 10.05 0.00 45.49
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 40 3.08 5.12 0.00 57.48
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 30 7.73 7.92 0.00 40.80
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 28 4.29 4.92 0.00 65.00
良性の卵巣腫瘍に対しては、早期社会復帰や美容面からも優れた腹腔鏡手術を積極的に取り入れております。良性の子宮腫瘍とは子宮筋腫や子宮腺筋症の事で、貧血や月経困難症(生理痛)が強く日常生活に支障を来す場合には、まず薬物療法を行います。薬物療法が無効症例や巨大子宮筋腫では手術を行います。当院には、日本産科婦人科内視鏡学会の技術認定医が在籍しており、内視鏡学会の認定研修施設でもあり、症例によって腹腔鏡での子宮全摘術も積極的に行っています。子宮頸・体部の悪性腫瘍とは、主に子宮頸癌・子宮体癌のことで、卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍とは、主に卵巣癌のことです。手術療法以外に化学療法が必要なことがあり、外来化学療法が難しい場合は、入院の上で化学療法を行っています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
手術なしの症例はいませんでした。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 115 6.87 8.12 0.00 16.97
030428xxxxxxxx 突発性難聴 63 9.21 9.37 0.00 58.54
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 50 7.40 7.47 0.00 54.58
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 33 6.24 5.50 0.00 44.70
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 32 7.78 7.75 0.00 58.06
当院耳鼻いんこう科では、入院による手術治療、緊急性のある急性期疾患を中心に行っています。小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患児に対し、積極的に口蓋扁桃摘出術およびアデノイド切除術を行っています。アデノイド切除は内視鏡下にマイクロデブリッダーを用いることにより安全で正確に行っています。突発性難聴難治例にはステロイド治療に加え脱線維素原療法も行っています。慢性副鼻腔炎や頭頸部良性腫瘍の手術は約1週間の短期入院で行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage Stage Stage Stage 不明
胃癌 127 23 35 88 13 11 1 7
大腸癌 43 24 82 43 92 21 1 7
乳癌 55 38 - 10 - - 1 7
肺癌 46 26 32 115 112 56 1 7
肝癌 34 17 16 15 - 95 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本人は生涯で2人に1人ががんに罹患し、3人に1人が癌で命を失います。つまり、癌はとても身近な病気です。特に頻度が高い癌として、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の5つを五大癌とよびます。当院は、阪大病院とともに、豊能二次医療圏(豊中市、吹田市、箕面市、池田市、豊能町、能勢町)において厚生労働省が指定するがん診療連携拠点病院であり、五大癌以外も含めて年間約2000人の新規癌患者さんの診療を行っています。手術、抗がん剤治療、放射線治療、緩和ケア、がん相談支援センターなど癌診療に関わる専門スタッフの配置、高度専門医療機器の配備や診療体制、診療実績などに関して、厚生労働省指定がん診療連携拠点病院に求められている厳しい指定要件をクリアし続けています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 57 9.96 49.58
中等症 177 14.73 76.92
重症 30 20.77 83.30
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎は普段の生活の中で発症した肺炎です。飲食物等の誤嚥による肺炎は集計の対象外となります。内科疾患の中でも入院患者数が多い疾患です。患者数は当院では中等症が一番多く、重症度が高くなるほど、平均年齢・在院日数は上昇します。入院時に積極的に原因検索(喀痰検査、血清学的検査、尿中抗原検査等)を行い、早期にリハビリを導入することで治療効果の向上、入院期間の短縮を目指しています。また、他の病院と提携し、肺炎は改善したが自宅に戻るためにはもう少しリハビリを続けた方がいい場合には、直接自宅に帰るのではなく、転院した上でリハビリを継続し自宅退院を目指すルートも用意しております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 25 8.52 70.56 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 228 23.15 74.52 33.33
その他 51 17.31 72.94 3.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では脳卒中センターを運営しており、脳神経外科医、神経内科医が24時間体制で治療にあたっております。そのため、急性期脳梗塞あるいは一過性脳虚血発作患者の来院が多くみられます。迅速に血栓溶解療法(t-PA投与)、血管内治療による血栓除去術を行える体制をとっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 30 8.03 17.37 3.33 68.90
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K9212イ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(同種移植の場合) - - - - -
第1位 「内シャント設置術」
慢性腎不全で維持血液透析を行う場合、血液を体外に出し入れするために血流量の多い血管を前もって作っておく必要があります(内シャント設置術)。この内シャント血管に、透析時に針を刺入して透析機器に繋ぎ、終了すれば抜針します。当科では毎年30人前後の血液透析導入患者さんがあり、ほぼ等しい件数の内シャント設置術を行っています。この手術は腎臓内科に入院しながら実施します。心臓血管外科の医師が執刀し、腎臓内科医師は、助手を務めます。

第2位、4位 「造血幹細胞採取」
造血幹細胞は通常は骨髄中に存在していますが、ある条件下では一部が末梢血中に流れ出てきます(動員と呼びます)。この時に、末梢血中の細胞を採取すると効率的に造血幹細胞を集めることができます。まず、末梢血中に造血幹細胞を動員する作用のある特別な因子(顆粒球コロニー形成刺激因子を約1ミリリットル)を連日皮下注射します。注射を開始して数日後に、血液検査などの結果をもとに採取を開始します。採取は、静脈路を二つ確保して行います。具体的には、針を両腕の静脈に留置するか、もしくは首や鼠径部の太い静脈に二つの管を持ったカテーテルを挿入します。一つの静脈路から持続的に採血し、造血幹細胞だけを体外の遠心分離機で分離・回収し、バックに濃縮液として集めます。造血幹細胞以外の血液は、もう一つの静脈路から体にもどします(返血)。機械による採血と返血は同時に行えるため、血液が大幅に失われることはありません。採取にはおよそ3時間ほど要し、最終的に造血幹細胞をたくさん含んだ血液100~200ミリリットルが得られます。この血液は、当院輸血部門で凍結保存され、その後に時期を選んで行われる大量抗がん剤治療の後、採取した患者さんに解凍の上で輸注されます(自家末梢血幹細胞移植)。自家末梢血幹細胞移植により、抗がん剤治療からの回復が容易になります。当院では65歳以下の骨髄腫および予後不良悪性リンパ腫に対して行っており、治療成績の向上に寄与しています。

第3位 「気管切開術」
緊急時や短期間の人工呼吸では、長い挿管チューブを口や鼻から気管に挿入して気道を確保し、これを人工呼吸器に繋げます。しかし、人工呼吸が長期化した場合は、気管切開術を行います。ノド仏の下で皮膚切開を加え、露出した気管を開窓して、短いカニューレが入るようにします。気管切開術は、ベッドサイドでも行える小手術で、30分程度で終了します。気管切開による人工呼吸法の利点として、カニューレの挿入と固定がしやすいこと、気管内の喀痰吸引や洗浄が簡単で確実なこと、患者さんの苦痛が少ないこと、口腔内が解放され食事も可能になること、声を出して話せることなどがあります。内科では、重症肺炎や脳機能障害などで、救急気管内挿管をして呼吸管理を行った後、長期化する患者さんで実施しています。集中治療室で気管切開術を施行し、引き続き同室でしばらく呼吸管理を行うことが多いです。

消化器内科(肝・胆・膵)

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 81 5.86 11.22 8.64 75.42
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 58 3.74 7.60 1.72 71.33
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 64 1.23 10.14 0.00 76.30
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 50 4.28 8.68 6.00 77.36
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 28 2.79 13.11 0.00 72.79
内視鏡的胆道ステント留置術は、悪性腫瘍などによる胆道閉塞や狭窄に対して施行される黄疸を軽減させる処置で、これを施行した上で、悪性腫瘍などに対する抗癌剤治療などがなされます。乳頭切開術は総胆管結石の排石を目的に行なわれ、症例によってはワイヤーで結石を砕くことも行ないます。いずれも緊急性を要する事が多く、当院では原則24時間体制で対応しています。肝臓悪性腫瘍に対する選択的動脈化学塞栓術は、癌を栄養している血管を塞いでしまう物質と抗癌剤を注入して行なう治療法で、当院では数多い症例を経験しております。また肝硬変による、胃静脈瘤や肝性脳症に対して適応のある患者さんでは血管閉塞術(BRTO)を実施しています。当院ではこれらの専門性の高い治療に取り組んでいます。

消化器内科(消化管)

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 549 1.77 1.80 0.00 69.26
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 84 1.21 6.36 0.00 73.49
K654 内視鏡的消化管止血術 51 1.88 11.25 7.84 71.78
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 39 1.05 1.74 0.00 64.64
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 31 1.00 5.90 0.00 68.10
消化器内科における内視鏡手術は、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術のほとんどは外来にて治療を行いますが、大きめのポリープや、出血リスクの高い患者さん、高齢者では入院での治療を行なっており、消化器内科での手術治療の最上位を占めております。また、当院は、北摂地区のなかでも、最新の内視鏡機器が配備され、日本消化器内視鏡学会の指導医・専門医、内視鏡技師を中心に積極的に、早期胃癌や早期大腸癌に対して、より難度の高い内視鏡治療となる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行なっており、その次の順位となり、多くの治療経験を有しております。また当院は、北摂地区の、消化器救急疾患をオンコール体制により多く受け入れております。そのなかで、消化管出血症例が多く、入院加療を要する内視鏡的消化管止血術がついで多い内視鏡手術件数となっております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 130 2.63 3.77 0.77 70.88
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 34 2.94 13.94 8.82 68.29
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 34 7.29 12.03 2.94 77.47
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 15 0.00 26.13 6.67 68.67
K597-2 ペースメーカー交換術 10 1.10 8.90 10.00 81.40
循環器内科の手術はK5493, K5492, K5491といった虚血性心疾患に対するカテーテルを使用した治療(主として冠動脈ステント留置術)が主体となります。当院ではステント留置術を年間200件前後施行しており徐々に増加傾向にあります。最近の高齢化社会を反映してここ数年当院でも新規ペースメーカー植え込みが増加しています。ペースメーカーは脈が遅くなり、止まってしまう不整脈に対して機械で補助を行う治療法ですが、意識消失発作がみられる場合は緊急的な処置が必要となります。このような症例に対しても当院は夜間緊急対応しています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 12 0.00 1.42 0.00 2.25
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術) - - - - -
当院での腸重積の整復はガストログラフィンという造影剤を使用して行っています。
当院では平日や昼間のみでなく、夜間や休日でも新生児専属の当直医が院内に待機しており、新生児の診療を行っています。
喉頭気管分離術は当院耳鼻いんこう科の医師と協力して行っております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 116 1.14 2.66 0.00 67.42
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 49 0.31 4.00 0.00 40.10
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 36 0.39 0.83 0.00 15.47
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 21 0.29 5.62 0.00 53.48
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 0.25 3.75 0.00 21.17
当院では急性虫垂炎が疑われた場合はごく軽度の症例をのぞき、できるだけ受診当日に手術をおこなう方針としています。手術は重症度により術式や術後経過が異なり、虫垂周囲膿瘍を伴わない比較的軽度の症例の多くは腰椎麻酔下に右下腹部小切開でおこないます。膿瘍を伴う重症度が高い症例は、腸切除などに備えて全身麻酔でおこなうこともあります。また腹腔鏡手術も適応症例に行っており増加傾向です。
成人の鼠径ヘルニアは腹壁構造(筋肉など)が弱っていることが原因であるため、脱出したヘルニア嚢(ふくろ)の切除とヘルニア門(穴)の閉鎖だけでは不十分です。当院では弱った腹壁を補強するために人工の組織補強材(UHSまたはUPP)を用いています。手術は従来腰椎麻酔下に鼠径部の切開で行うことが多かったですが、最近は全身麻酔下に腹腔鏡手術を行うことが増えています。
小児の鼠径ヘルニアは成人と異なり腹壁の補強は必要ありません。当院では日帰り手術で、全身麻酔下に腹腔鏡で観察しながらヘルニア門(穴)の閉鎖をおこなっています。

乳腺・内分泌外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 41 1.12 4.73 0.00 58.98
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.53 5.67 0.00 65.67
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 18 1.00 8.72 0.00 61.11
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
前年と同様、年間120件以上の乳癌の手術を施行しており、手術前日の入院を志しています。乳癌の手術ではセンチネル(見張り)腋窩リンパ節生検の導入により、腋窩リンパ節郭清の省略に努めています。リンパ節郭清を行わなければ、術後上腕の腫れや腋窩の知覚異常が少なくなります。さらに術後日数も短くなり、入院期間も短縮されます。各種ガイドラインに従い、定型的な治療を行っていますが、市中病院の役割として、個々の患者さんに応じた無理のない治療を目指しています。また悪性手術のみならず、良性の乳腺腫瘍に対しては、大きなしこり(5センチメートル以上)は入院の上手術となりますが、小さなしこりに対しては外来手術(日帰り)も多数行っています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 38 1.45 7.55 0.00 71.50
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 6.53 3.84 0.00 34.42
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 1.33 5.00 0.00 71.67
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
原発性肺癌の標準手術は肺葉切除ですが、癌の進行度や残存肺機能を考慮して区域切除や部分切除といった肺温存手術もおこなっています。転移性肺癌の標準手術は部分切除です。当院ではこれらの手術の多くを、体への負担が少ない胸腔鏡を用いておこなっています。手術前日に入院していただき、肺葉切除、区域切除では術後約1週間、部分切除では術後3~4日で退院していただけることが多いです。手術数は年々増加傾向です。
自然気胸の手術は、全例胸腔鏡を用いておこなっています。気胸の原因となる嚢胞(ブラ)を切除するだけではなく、医療用組織補強材(溶けて吸収される人工の布)で肺を被覆することで再発をできるだけ防ぐ工夫をしています。入院時に手術適応を早急に判断し、適応症例にはできるだけ早期に手術をおこなう様にしています。術後は3日前後で退院していただけることが多いです。手術数は、すべての気胸を含むと年間25例前後で推移しています。

上部消化管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 32 1.78 13.06 0.00 63.81
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 31 3.10 20.84 3.23 72.10
K647 胃縫合術(大網充填術又は被覆術を含む) 10 0.00 24.00 0.00 60.20
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) - - - - -
K657-22 腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍手術) - - - - -
期、期の胃癌には、開腹手術よりも創(きず)が小さく低侵襲な腹腔鏡下手術による胃切除術や胃全摘術などを行っています。期の胃癌には、開腹により胃を3分の2くらい切除する胃切除術や胃全摘術などを行っています。当院の胃癌手術の特徴は、質の高い手術の技術力はもちろん、正確な診断、緻密な治療計画、親切でわかりやすい治療説明を行い、患者さんの十分なご理解とご納得をいただくことを大切にしています。また、胃切除後の食事指導や栄養サポートやリハビリテーションを積極的に行い、安心して日常生活やお仕事に復帰していただけるように、看護師、薬剤師、管理栄養士、がん相談支援センター、かかりつけ医などとのチーム医療を通じた医療連携を推進しています。

下部消化管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 88 4.24 9.61 2.27 70.91
K7191 結腸切除術(小範囲切除) 27 1.48 17.81 3.70 70.04
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 20 4.85 20.95 5.00 72.20
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 20 4.45 16.60 5.00 70.10
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 16 3.75 9.38 0.00 71.31
1位は結腸がんの腹腔鏡手術、2位は結腸の良性疾患の開腹手術(憩室炎など)、3位は結腸がんの開腹手術や良性疾患での広範な結腸切除を要する開腹手術です。4位と5位は直腸がんなどで直腸を切除する腹腔鏡手術で4位は5位よりもより肛門に近い部位まで切除する手術になります。大腸がんの手術そして腹腔鏡での手術が多いことになります。良性疾患で手術が必用なケースは大腸がんの手術に比べ腹膜炎などで急いで手術になるケースが増えるので術前日数が少なくなります。腹膜炎のある手術、広範に大腸を摘出する手術、低位前方切除術などは、術後合併症にて術後在院日数が長くなる場合が増えてきます。今後も腹腔鏡手術の拡充、緊急手術への対応、合併症の少ない手術を目指していきます。

肝胆膵外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 217 1.38 4.08 0.92 60.91
K6951 肝切除術(部分切除) 18 1.89 15.28 0.00 73.17
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 18 1.56 12.56 0.00 69.78
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合) - - - - -
K6954 肝切除術(1区域切除(外側区域切除を除く)) - - - - -
これらの上位5位の手術には胆石症・胆嚢炎、肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌など)、膵頭部領域癌(膵癌、胆管癌・乳頭部癌などの胆道癌、十二指腸癌など)に対する手術が含まれています。当院では、今回上位5位には含まれていなかった手術(たとえば、肝内結石症、総胆管結石症、膵・胆管合流異常症、脾臓疾患)も行っております。いずれの手術においても、術前・術後の入院期間を短縮させるよう、術前検査の効率化や術後合併症の軽減に取り組んでいます。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 116 3.09 31.79 4.31 69.93
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 100 4.17 18.35 39.00 71.56
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 93 2.44 14.51 1.08 55.78
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 40 2.93 8.13 2.50 50.15
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 39 7.28 23.28 74.36 82.13
人工関節手術ではコンピューター解析を利用した手術計画を術前に立てることにより、また手術中にコンピューターによるナビゲーションシステムを利用して人工関節置換手術を行うことにより、人工関節を最適な位置に設置するように努めています。手術後はリハビリテーション科と協力して、早期の機能回復と社会復帰を目指しています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 66 1.71 13.05 7.58 78.29
K1692 水頭症手術(シャント手術) 16 2.00 18.94 18.75 75.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 16 7.69 36.88 6.25 67.00
K1781 脳血管内手術(1箇所) 10 1.80 25.10 20.00 66.00
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
脳神経外科では、外傷、腫瘍、脳血管障害と多岐にわたる疾患を対象にしています。高齢化に伴い増加している慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症手術を多く行っています。いずれの疾患も高齢であっても手術により症状の改善が見込めます。脳腫瘍に関しても積極的に治療を行っています。脳血管内手術は主に脳動脈瘤に対して行う、コイル塞栓術になります。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 140 0.99 1.06 0.00 69.25
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 27 2.56 4.81 3.70 72.89
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 3.69 10.15 0.00 74.85
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) - - - - -
最先端のカテーテルを用いた血管内治療に主眼をおいており、下肢静脈瘤についてはラジオ波治療、閉塞性動脈硬化症についてはカテーテル治療、腹部大動脈瘤についてはステントグラフト治療がメインとなっている。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 31 0.97 7.35 0.00 75.13
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 17 0.94 5.29 0.00 53.35
K0503 腐骨摘出術(鎖骨,膝蓋骨,手,足その他) - - - - -
K0843 四肢切断術(指) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
当院の特徴は皮膚悪性腫瘍の手術症例が多いことです。前年と大きく変わることはありません。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 165 1.61 5.22 1.82 76.03
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 57 2.32 4.23 1.75 61.37
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 44 2.34 11.59 11.36 72.82
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 32 2.13 6.94 0.00 72.28
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 2.28 11.69 3.45 72.66
膀胱がんも早期発見ならおなかを切らずに尿道からの内視鏡手術で完治させることが可能です。当科の尿路結石治療は体外衝撃波による治療の他に、やはり切らない治療としてレーザーを用いた尿道からの内視鏡的結石除去手術を数多く行っています。尿管結石や、外部からの尿管が圧迫により、尿の通過が悪くなった際に尿管内にステントを留置して通過障害を回避するのが経尿道的尿管ステント留置術です。当科の前立腺肥大症手術はホルミウムレーザーによる前立腺核出手術を用いています。出血がほとんどなく非常に安全です。腎癌、腎盂尿管癌に対しては年間40件程度の腹腔鏡による摘出手術を行っています。従来のように皮膚や筋肉を大きく切開しないので術後回復が早まります。

産科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 129 5.53 7.09 0.00 34.30
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 120 5.07 7.00 0.00 34.54
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 22 0.91 1.00 0.00 34.86
K907 胎児外回転術 - - - - -
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - -
帝王切開術は、予定で行われる選択帝王切開と、状態の急変により緊急で行われる緊急帝王切開があります。当院は、地域周産期母子医療センターであり、産科医、小児科医、麻酔科医が24時間常駐し、いつでも緊急事態に対応できる体制を整えております。前年度は215例でしたが、今年度は249例と増加しております。流産手術は、安全に留意し術前日入院し頸管拡張後、静脈麻酔下で行い術翌日退院となっております。骨盤位に対しては患者さんの同意を得た上で、外回転術を行っております。流早産の原因となる子宮頚管無力症に対して子宮頚管縫縮術を施行しております。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 92 0.93 5.03 0.00 44.61
K867 子宮頸部(腟部)切除術 37 1.00 1.00 0.00 42.24
K877 子宮全摘術 36 1.11 8.25 0.00 48.14
K861 子宮内膜掻爬術 31 1.00 1.00 0.00 53.58
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 26 1.04 1.04 0.00 42.96
子宮附属器腫瘍すなわち卵巣腫瘍では、まず画像診断や血液検査で良性悪性を鑑別します。良性腫瘍と判断される場合には、主に腹腔鏡を取り入れた手術を行っています。開腹に比べ腹腔鏡での手術は入院日数が短く早期社会復帰が可能です。前年度の56例に比べ、92例と大幅に増加しております。
子宮癌には子宮頸癌と子宮体癌があり、ともに外来で細胞診や組織診を行います。外来検査で初期子宮頸癌や子宮頸部前癌病変を疑うとき、子宮体癌を疑う時には、精密検査として子宮頸部(腟部)切除術や子宮内膜掻爬術を行います。良性の子宮腫瘍に対しては子宮全摘術を行いますが、子宮粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープには子宮鏡下切除術を積極的に行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 819 0.52 1.01 0.00 76.37
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
全例小切開創より手術を施行しております。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 107 0.97 5.16 0.00 18.75
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 34 0.18 0.74 0.00 3.91
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 0.97 5.17 0.00 59.17
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 17 3.12 4.53 0.00 65.94
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 15 1.67 5.40 0.00 52.53
当院では主に耳鼻咽喉科領域の良性疾患の手術を行っています。口蓋扁桃摘出術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術は約1週間の入院が必要です。滲出性中耳炎、反復性中耳炎に対する鼓膜換気チューブ挿入術は、日帰り全身麻酔による手術を行っており、患児家族の負担軽減に努めています。喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)は、喉頭癌が疑われる場合の組織検査、前癌病変である白板症や乳頭腫などの良性腫瘍摘出が必要な場合に行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 34 0.24
180010 敗血症 同一 17 0.12
異なる 46 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 38 0.27
異なる 12 0.09
症状が重症化した場合に発症することが多い播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌感染症や手術・処置等による合併症の発生率を出来るだけ低くする努力を日々行っています。
更新履歴
平成29年9月27日
平成28年度の病院指標に更新。
平成28年9月28日
平成27年度の病院指標ページを公開。
ページの先頭へ移動