部門・チーム紹介

リハビリテーション部

特色

当部は、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)の認可施設です。
整形外科、神経内科、脳神経外科、外科、内科疾患等に対して、各診療科と連携を密にしながら、リハビリテーション科を介して、入院患者さまの急性期リハビリテーション医療を展開しています。また、一部の整形外科疾患の入院患者さまについては、主治医の指示のもと、必要性に応じて、退院後外来でのリハビリテーション継続を行っています。

スタッフ

リハビリテーション科に2名の医師がおり、リハビリテーション部には以下の療法士がいます。

理学療法士
(Physical Therapist:PT)
10人
作業療法士
(Occupational Therapist:OT)
5人
言語聴覚士
(Speech-Language-Hearing Therapist:ST)
2人

リハビリテーション室紹介

業務について

理学療法とは

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱等の物理的手段を用いて行われる治療法です。
直接的な目的は運動機能の回復にありますが、それを基に「日常生活活動の改善」を図り、最終的には、その方にとっての「生活の質の向上」を目指します。
当院では入院により体力が低下した方々も対象に、医師の指示に基づき、おひとりおひとりの状態に合せて、運動・動作の専門性を活かし、治療に取り組んでいます。

作業療法とは

作業療法士は、身体又は精神に障害がある方、またはそれが予測される方に対し、その主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。(日本作業療法士協会HPより)

当院は急性期病院であり、入院早期から、個々に応じた心と身体への作業療法を行っています。そのひとつとして、せん妄予防のための院内デイケアを行っています。また、手の整形外科疾患の方については、退院後外来にて、一定期間作業療法を継続しています。

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、何らかの形で言語障害(失語、構音障害、音声障害)や高次脳機能障害、摂食嚥下障害(飲み込みの問題)をもった方に対して、評価・訓練・指導・助言などの援助や、QOL(生活の質)の向上や社会参加のための支援を専門的な立場から行います。
当院は急性期病院であり、早期からの言語聴覚療法を実施しています。また、医師との連携のもと、必要な方には嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査を行い、安全かつ安心な入院生活の援助を行っています。

主な対象疾患

脳血管疾患では、脳梗塞、脳出血、小脳性失調など。整形外科疾患では、大腿骨骨折術後、膝関節靭帯損傷術後、股関節や膝関節の人工関節置換術後、肩関節腱板損傷術後、肩関節骨折術後、肩関節脱臼術後、肘関節骨折術後、手関節骨折術後、手指腱縫合・移行術後など。その他難病(パーキンソン病、多系統筋萎縮症など)、呼吸器疾患、廃用症候群など。

ページの先頭へ移動