部門・チーム紹介

薬剤部 - 市立豊中病院における手術・検査前に注意する医薬品(医療従事者向け)

薬剤部 | 採用医薬品リスト | 吸入指導報告書 | 吸入薬説明資材 | 経口抗がん剤の説明 | 手術・検査前に注意する医薬品 | 薬袋の説明 | 処方せんについて | 【豆知識】お薬手帳はあなたの『お守り』です

抗血小板薬、抗凝固薬、低用量ピル(経口避妊薬・一部の月経困難症治療薬)、経口糖尿病薬は原則手術前に投与中止が必要です。
☆投与中止期間は目安のため、手術の種類、侵襲の程度、患者リスクによって異なる場合があります。
☆消化器内視鏡検査前の抗血栓薬中止基準は、学会のガイドラインの推奨に基づいています(詳細は内視鏡部へご確認ください)。

→消化器内視鏡検査前の抗血栓薬中止基準(PDF:104KB

成分名一覧

  分類 成分 代表商品名 中止期間
抗血小板薬・抗凝固薬 その他 アスピリン アスピリン 7日間
出血禁忌 アピキサバン エリキュース錠 1~2日間
(表(1)参照)
出血禁忌 イコサペント酸エチル エパデールS 7日間
その他 イフェンプロジル セロクラール錠 1日間
その他 イブジラスト ケタスカプセル 3日間
出血禁忌 エドキサバン リクシアナ錠 1日間
出血禁忌 オメガ-3脂肪酸エチル ロトリガ粒状カプセル 7日間
出血禁忌 クロピドグレル プラビックス錠 14日間
出血禁忌 クロピドグレル・アスピリン コンプラビン配合錠 14日間
その他 サリチルアミド PL顆粒 7日間
出血禁忌 サルポグレラート アンプラーグ錠 1日間
その他 ジピリダモール ペルサンチン錠 1日間
その他 ジラゼプ コメリアンコーワ錠 2日間
出血禁忌 シロスタゾール プレタール錠 3日間
出血禁忌 ダビガトラン プラザキサカプセル 1~4日間
(表(2)参照)
出血禁忌 チカグレロル ブリリンタ錠 5日間
出血禁忌 チクロピジン パナルジン錠 10日間
その他 トラピジル ロコルナール錠 2日間
その他 トリメタジジン バスタレルF錠 2日間
その他 ニセルゴリン サアミオン錠 2日間
出血禁忌 プラスグレル エフィエント錠 14日間
その他 ヘプロニカート メグリン錠 2日間
出血禁忌 ベラプロスト プロサイリン錠 1日間
出血禁忌 リバーロキサバン イグザレルト錠 1日間
その他 リマプロストアルファデクス オパルモン錠 1日間
出血禁忌 ワルファリン ワーファリン錠 5日間
低用量ピル 低用量ピル:
経口避妊薬
エチニルエストラジオール
ノルエチステロン
オーソ 28日間
低用量ピル:
月経困難症治療薬
エチニルエストラジオール
ノルエチステロン
ルナベル 28日間
低用量ピル:
経口避妊薬
エチニルエストラジオール
レボノルゲストレル
アンジュ 28日間
低用量ピル:
経口避妊薬
エチニルエストラジオール
デソゲストレル
マーベロン 28日間
低用量ピル:
月経困難症治療薬
エチニルエストラジオール
ドロスピレノン
ヤーズ 28日間

※経口糖尿病薬も手術前後禁忌のため注意してください(インスリンによる血糖管理が望まれる)。

表(1).出血リスク別にみた手術/侵襲的手技前におけるエリキュース投与中止期間

出血リスク 最後のエリキュース投与を行ってからの中止期間
24時間
中~高 48時間

表(2).腎機能別にみた手術/侵襲的手技前におけるプラザキサ投与中止期間

腎機能(Ccr、mL/min) 最後のプラザキサ投与を行ってからの中止期間
出血リスク(Standard) 出血リスク(High)
>80 24時間 2~4日
>50 to ≦80 24時間 2~4日
>30 to ≦50 少なくとも2日(48時間) 4日

出血リスク(High):完全な止血機能を要する大手術(例:心臓外科手術、脳外科手術、腹部手術、重要臓器に関連する手術)、腰椎麻酔など。また、高齢、合併症、抗血小板薬の併用など出血リスクの高い患者の手術。

ページの先頭へ移動