部門・チーム紹介

メディカルアシスタント室

メディカルアシスタント室は、2015年4月から医師が業務に専念することにより、良質で効率的な診療がなされるよう、適切な人員配置のあり方や、医師、看護師等の医療関係職、事務職員等の間で適切な役割分担を行う、医師事務補助者の配属部署です。

医師事務作業補助者とは

メディカルアシスタント勤務医の負担軽減を目的に、医師の指示のもと、医師の事務的な業務の代行する職種です。
当院では、メディカルアシスタントといい、頭文字をとって「MA」と呼称しています。

業務内容

メディカル・アシスタントの業務内容は、担当医師の指示の下に、診断書などの文書作成補助、診療記録への代行入力、端末操作の支援、医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、医師の教育や臨床研修のカンファレンスのための準備作業等)ならびに行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症サーベイランス事業に係る入力等)、入院診療計画書(予定入院)の登録などを行っています。

メディカルアシスタントの業務の様子

常に新しい医療技術及び法律の改正等に対応するため、OJT(業務を行いながらの職場内研修)のみならず院内研修会を開催し、必要に応じて院外研修会への参加等積極的に行い研鑽を行っています。

ページの先頭へ移動