部門・チーム紹介

放射線部 - 検査室の概要

放射線部のご案内 | 検査室の概要 | 豆知識

2F部門

一般X線撮影検査室(3室)

胸部X線検査等の基本的画像検査や、脊椎・四肢等の骨画像検査を行なっています。
平成20年度にFCR装置を更新し、デジタル化・画像配信に対応しました。 一般X線撮影検査室

乳房撮影検査室

マンモグラフィ撮影やマンモトーム生検を行なっています。平成25年度機器更新し、モニター診断を取り入れました。
撮影は4名の女性技師が担当し、認定医師による二重読影を行っています。

乳房撮影検査室

※マンモグラフィ検診には認定制度があり、当院は「マンモグラフィ検診施設画像認定」「検診マンモグラフィ読影医師認定」「撮影診療放射線技師認定」を取得しています。

CT検査室(2室)

X線を用いて身体の断面画像を得る検査を行なっています。
平成26年度、64列MDCT装置2台に更新されました。CT検査室

X線TV検査室(2室)

胃透視検査や注腸検査、X線透視下で様々な処置を行なっています。
2台のX線透視装置が稼動しています。 X線TV検査室

血管造影検査室(2室)

循環器装置では心臓カテーテル検査やPCIといった手術を行なっています。血管造影検査室

IVR-CT/Angioシステム  頭腹部装置ではTACE等のIVRや脳血管造影撮影を行なっています。 血管造影検査室血管造影検査室

B3F部門

放射線治療室

最新鋭の高精度放射線治療装置「VARIAN社 CLINAC iX」を導入し、平成26年2月から治療を開始しました。
今回の装置更新に伴い、治療室全体の模様替えも同時に行いました。
壁を木目調と淡いベージュで統一し、廊下や待合室には壁絵を配置しています。改装前は廊下に長イスを置いていただけだった「待合」を「放射線治療患者さん専用待合室」として独立させました。落ち着いた雰囲気で患者さん同士が情報交換できる場にもなったようです。更に、治療(照射)をする部屋には、入室して治療台に向かう壁に大型の写真パネルを掲示し四季折々の風景を飾っています。放射線治療室放射線治療室(廊下・待合室)

MR検査室(2室)

X線を使わず、強力な磁場と電波を用いて、頭部や各関節・脊髄等、さまざまな身体の断層像を得る検査です。心臓や乳腺の検査にも対応しています。

1.5T型MR装置(32チャンネルコイル)MR検査室

1.5T型MR装置(ラージボアタイプ
ラージボア:従来より口径が10cm広がり圧迫感が改善されました。 MR検査室MR検査室

RI検査室

RI検査室放射線同位元素を付加した特殊な薬品を用いて、様々な生体情報を得る検査を行なっています。
心筋血流SPECT・脳血流SPECT・骨シンチグラフィ検査などを行っています。
平成26年度、装置更新されました。

ページの先頭へ移動