市立豊中病院

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

個人情報の取り扱い:プライバシーポリシー

市立豊中病院個人情報保護規定

プライバシーポリシー | 個人情報保護規定 |

(趣旨)

第1条 市立豊中病院(以下「当院」という)における個人情報の取扱いについては、法令または別に定めるもののほか、この規定の定めるところとする。

(院内組織体制)

第2条 個人情報保護を推進するために、病院長を個人情報保護管理者とし、院内に個人情報保護プロジェクトチーム、個人情報保護セキュリティ運営委員会、監査機関を設置する。

(個人情報保護管理者の責務)

第3条 個人情報保護管理者は、個人情報保護プロジェクトチーム、個人情報保護セキュリティ運営委員会、監査機関を指導、監督する。
2 個人情報保護管理者は、個人情報の適切な管理を実施するために、必要に応じて研修などの機会を設けて、業務従事者に教育を行うものとする。
3 個人情報保護管理者は、情報の漏洩事故などが発生した場合、関係機関、マスコミなどに事故の公表を行う。

(業務責任者の責務)

第4条 業務責任者は、個人情報保護管理者から任命を受け、各現場における個人情報保護に取り組むものとする。
2 業務責任者は、必要に応じて個人情報保護管理者、個人情報保護プロジェクトチーム、個人情報セキュリティ運営委員会、監査機関などの指導、助言を受けて、各現場を指導、監督するものとする。

(業務従事者の責務)

第5条 当院職員、委託業者の職員、院外からの実習生など当院内で業務に従事する者は、法令及びその他の規定などに則り、個人情報を取り扱うものとする。

(利用目的の公表)

第6条 個人情報の利用目的は、ポスター、ホームページなどを利用して院内及び院外に対して公表するものとする

(個人情報の収集)

第7条 個人情報は、その利用目的の範囲においてのみ収集し、利用目的を超えて収集してはならない。
2 利用目的を超えて個人情報を収集する際には、本人に収集について説明して同意を得なければならない。

(個人情報の利用)

第8条 個人情報は、その利用目的の範囲においてのみ利用し、利用目的を超えて利用してはならない。
2 利用目的を超えて個人情報を利用する際には、本人に利用について説明して同意を得なければならない。
3 学術研究活動などでの資料として個人情報を利用する場合は、可能な限り匿名化して利用しなければならない。匿名化できない場合は、本人に説明して同意を得なければならない。

(個人情報の管理)

第9条 個人情報は、日常業務での利用において漏洩、滅失、改ざんなどがないように各現場において努めなければならない。

(個人情報の廃棄)

第10条 利用目的の終了した個人情報は、速やかに廃棄、消去など適切な処置を講じなければならない。
2 廃棄にあたっては、情報が漏洩しないように努めなければならない。

(第三者提供)

第11条 個人情報は、第三者に提供してはならない。ただし、利用目的の範囲内である場合、本人の同意を得た場合、法令に定めのある場合はこの限りではない。

(訂正、利用停止)

第12条 個人情報は、可能な限り正確かつ最新の状態に保たなければならない。
2 本人から訂正の申し入れがあった場合は、速やかに対応しなければならない。
3 本人から利用停止の申し入れがあった場合は、速やかに対応しなければならない。

(開示請求)

第13条 個人情報について開示請求が行われた際は、豊中市個人情報保護条例に基づいて、速やかに対応しなければならない。

(苦情などへの対応)

第14条 個人情報の取扱いについて苦情、質問などが申し立てられた場合は、速やかに対応しなければならない。

(事故発生時の対応)

第15条 個人情報漏洩などの事故が発生した場合は、速やかに事故について公表し、事態の拡大を防止に努めなければならない。
2 事故の原因について速やかに追究し、再発防止に努めなければならない。

附則 この規定は平成17年10月1日より施行する

ページの先頭へ移動