市立豊中病院

診療科案内

胃・食道外科 【主な疾患】胃がん、粘膜下腫瘍、食道がん

経口抗がん剤の説明 薬剤部

胃がん

胃がんとは

がん細胞は正常細胞が変化したもので、無秩序に増え続けます。胃がんは、胃の壁のもっとも内側の粘膜(食べ物が通過する場所)に発生し、胃壁の外に向かって粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜と広がっていきます。原因としてはヘリコバクターピロリ菌の感染や塩分のとりすぎ、喫煙、野菜不足などが原因とされています。胃がんの症状として、早期であればみぞおち辺りの痛みや吐き気、進行してくれば通過障害や貧血にともなうふらつきや倦怠感が出ることがあります。

診断

上部消化管内視鏡検査や胃透視検査で発見されます。
がんが粘膜あるいは、粘膜のすぐ下の粘膜下層までにとどまっているものを早期がんといい、胃壁の筋層を越えて広がったものを進行がんといいます。早期胃がんの場合、手術で切除すれば9割以上の確率で治ります。一方で、進行胃がんの場合、リンパ節や肝臓や肺、骨、腹膜といった胃以外へのがんの転移が懸念され、それぞれの進行度に応じた治療法の選択が必要となってきます。

治療方法

治療方針はがんの進行度と患者さんの全身状態で決定します。
治療方法は主に次の3つです。

A)内視鏡切除

リンパ節転移の可能性の低い一部の早期がんに対し行います。

B)外科的切除

胃がんの患者さんが手術治療を受ける場合には、みぞおちからへそ のあたりまでの皮膚を切開して行う開腹手術が標準とされています。しかし近年では、5ミリメートル~3センチメートル程度の小さな傷から、腹腔鏡や手術器具を挿入し、モニターに映し出されるお腹の中の画像を確認しながら行う腹腔鏡手術が普及してきました。腹腔鏡手術は開腹手術と比較して傷が小さいため、整容性に優れるとともに術後の痛みが少なく、手術からの回復も早いと言われており、当院では早期がんだけでなくある程度の進行がんに対しても積極的に取り組んでいます。

また進行がんに対しては手術ですべて取り除けるように、術前に抗癌剤治療を2~4ヶ月行った後に手術を行う取り組みを、先進医療や治験を利用し積極的に行っています。

C)薬物療法

治療を開始する時点で、高度なリンパ節転移、腹膜播種、肝転移等の遠隔転移がある場合は、手術で完全に切除することが困難な時は、抗がん剤治療(化学療法)を行うことが推奨されています。また2017年10月よりニボルマブといった免疫療法も胃癌に保険承認されました。このような薬剤を使用し、治療前は手術ができなかった患者さんも、抗がん剤がよく効いた場合、手術ができるようになる可能性があります。

術後経過

通常手術前日に入院していただき、手術後約2週間で多くの患者さんは退院されます。胃を切除した患者さんは体重減少が問題となるため、退院直前にご家族と栄養指導を受けてもらい、できるだけ体重を維持できるよう食べ方などを指導致します。

術後治療と通院

手術後に切除した組織の顕微鏡検査(病理検査)を行い、がんの進行度を最終的に診断します。ステージであれば3ヶ月毎の通院で血液検査やCT検査、胃カメラを定期的に行い再発のないことを確認します。ステージ以上であれば、その進行度に応じて、再発予防のための抗癌剤治療を約1年間行います。

粘膜下腫瘍(GIST)

粘膜下腫瘍とは

通常がんは粘膜(食べ物が通過する場所)に発生しますが、粘膜下腫瘍はそのさらに深部から発生する腫瘍です。腫瘍の種類にはGIST、平滑筋腫や平滑筋肉腫、神経系原性腫瘍、脂肪腫・脂肪肉腫などが挙げられます。

GISTとは

GISTとは粘膜下腫瘍の1つで、発生頻度は、10万人に1~2人と少なく、希少がんの1つに位置付けられます。発生部位として胃の割合が70%と高く、次いで小腸20%、大腸および食道が5%となっており、胃カメラで偶然発見されることが少なくない病気です。病変が大きくなると腹痛や腫瘍からの出血による下血、貧血などの症状があらわれることがあります。切除することが可能な場合は、手術を行います。

治療方法

A)外科的切除

GISTと診断されれば大きさに関わらず手術が行われます。もしGISTと診断できていない粘膜下腫瘍の場合は、大きさや経過によって手術が選択されます(2センチメートル以上、増大傾向など)。GISTは癌と違って腫瘍細胞が周囲の組織に浸潤する傾向は少なく、リンパ節への転移も非常にまれです。そのため、GISTの手術では、できるだけGISTができた臓器を残し、かつ、その機能を損ねないように局所切除を行います。

当院では5センチメートル以下であれば全例で術後の回復が早いといわれる腹腔鏡下手術で行っています。また消化器内科医と連携し、術中に内視鏡検査を併用することで、より臓器の機能を温存した手術に取り組んでいます(LECS手術)。

B)化学療法

切除ができない場合や再発のリスクが高いと判断される場合は、分子標的薬であるイマチニブを使用します。イマチニブは手術不能な患者さん、または再発した患者さんの第一選択薬となっています。

術後経過

通常手術前日に入院していただき、手術後約1週間で多くの患者さんは退院されます。ほとんどの患者さんは胃の機能の大部分が温存されるため、日常生活は手術前とほぼ同様に行えます。

術後治療と通院

切除した組織の顕微鏡検査(病理検査)で再発する可能性が高いGIST(高リスク群)に対し、イマチニブを術後3年内服した場合に再発のリスクが抑えられることがわかりました。そのため、高リスク群や腫瘍破裂が認められる患者さんには、術後3年間のイマチニブによる薬物療法が推奨されています。
再発のリスクが低いものであれば6~12ヶ月毎にCTや胃カメラを定期的に行い、再発のないことを確認します。

食道がん

食道がんとは

食道がんは喫煙やアルコールが原因とされています。食道がんの症状として、 嚥下えんげ時(飲みこむとき)の違和感や閉塞、嘔吐、嗄声させい(声のかれ)が出現します。

診断

食道がんは上部消化管内視鏡検査や透視検査で発見されます。
食道がんは、食道の壁のもっとも内側の粘膜(食べ物が通過する場所)に発生します。一方で、進行食道がんの場合、食道以外へのがんの転移が懸念され、それぞれの進行度に応じた治療法の選択が必要となってきます。

治療方法

治療の治療方針はがんの進行度と患者さんの全身状態で決定します。
治療方法は主に次の3つです。

A)内視鏡切除

リンパ節転移の可能性の低い一部の早期がんに対し行います。

B)外科的切除

進行食道がんの場合には、まず術前抗癌剤治療を2ヶ月行った後、手術を行うのが一般的です。手術は腹部の切開(開腹)に加えて右胸部の切開(右開胸)を行い、食道の大部分と胃の一部を切除します。さらに、がんの周囲のリンパ節(腹部リンパ節、胸部リンパ節)の郭清かくせいも行います。再建には、胃管を用いて胸腔内で挙上し、残食道と吻合します。

C)化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法

食道がんは胃がんや大腸がんなど他の消化器がんに比べ、抗がん剤の効果は高いといわれていますが、切除可能な進行食道がんに対する化学放射線併用療法でがん細胞が完全に消失する率は約20~40%であり手術に比べると劣ります。また外科治療の適応とならないような高度進行例に対する姑息的治療という位置付けや、がんによる症状緩和を目的として行われることがあります。

ページの先頭へ移動