市立豊中病院

診療科案内

整形外科:脊椎クリニック

整形外科 | 脊椎クリニック

【豆知識】人工股関節・膝関節

当院における脊椎脊髄手術の特徴

  • 当病院は、日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設であり、大阪大学整形外科脊椎クリニックの基幹病院です。
  • 確実な診断と低侵襲手術を心がけており体への負担が少ない手術加療を行っています。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアに対して、MED(内視鏡下腰椎椎間板摘出術)を取り入れ低侵襲手術を行っています。

腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離症

筋肉温存するために棘突起縦割式部分椎弓切除術を導入し、低侵襲な固定方法を用いた後方進入椎体間固定術(PLIF)を行っています。

棘突起縦割式部分椎弓切除術の1例

レントゲン画像
左:術前、 右:術後

骨粗鬆症性椎体骨折

保存加療抵抗性の椎体骨折に対して、Balloon kyphoplasty(BKP)や椎体形成術を行っています。

椎体骨折後癒合遅延に対する椎体形成術の1例

レントゲン画像と手術箇所の写真
左:術前、 中央:術後、 右:手術箇所

脊椎感染症、転移性脊椎腫瘍、脊椎外傷

経皮あるいは、経筋膜的に椎弓根スクリューを挿入し後方固定を行い低侵襲治療を行っています。

転移性脊椎腫瘍に対する経筋膜的に後方固定の1例

MRI画像
術前MRI画像(転移性脊椎腫瘍)

レントゲン画像
術後レントゲン画像

脊柱変形

脊柱変形に対しては側方侵入椎体間固定術(XLIF)を導入し、積極的に手術加療を行っています。

脊柱変形に対するXLIFの1例

レントゲン画像
左より:術前(正面)、術前(側面)、術後(正面)、術後(側面)

ページの先頭へ移動