市立豊中病院

診療科案内

脳卒中とは?

脳卒中とは? 日本人成人の死亡原因第4位

脳卒中とは、脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血などの、脳の血管障害が元となる疾患(病気)のことです。

各疾患名と解説。脳梗塞は、脳へ血液を送る血管が詰まり脳細胞が壊死状態となる疾患。脳内出血は、血圧の上昇などにより脳の中で血管が破れて出血する疾患。くも膜下出血は、脳動脈瘤(脳動脈にできたコブ)が破れて、脳の表面を覆うくも膜と脳との間に出血が広がる疾患。
  • 現在の日本人成人の死亡原因第4位、死亡総数の1割強を占める。
  • 運動障害・知覚障害・言語障害などの後遺症が残ることがある。
  • 要介護となる原因の38%を占める。

脳卒中の警告症状(米国心臓協会)

  • 突然 顔・上肢・下肢など身体半身の運動症状、感覚障害が起こる。
  • 突然 片目の視力障害、視野障害が起こる。
  • 突然 言葉がもつれる、話せなくなる、理解できなくなる。
  • 突然 原因不明の頭痛が起こる。
  • めまい感、体の不安定などの症状。

これらの症状が出たとき救急車をよび、できるだけ早く病院へ!

ページの先頭へ移動