市立豊中病院

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

診療科案内

血液内科

内分泌代謝内科糖尿病センター) | 呼吸器内科 | 血液内科 | 腎臓内科

【豆知識】吸入薬 | 【豆知識2】健康診断と貧血について

お知らせ

現在、お知らせ情報はありません。

特色

外来部門では、主に悪性リンパ腫に対して外来化学療法、また、主に骨髄異形成症候に対して、外来輸血療法を施行しています。
市内で、唯一、無菌室設備を備えており、急性白血病に対する強力な化学療法などが可能です。血液疾患の治療法については、移植治療を含めて選択肢が増えており、当科では患者様に可能な限り多くの医療情報を提供し、またセカンドオピニオン希望者にも迅速な対応を行っています。

医師紹介

主任部長
武 弘典

学会認定

  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
  • 日本血液学会専門医・指導医
  • 近畿血液学地方会評議員

専門分野

  • 造血器疾患一般

部長 兼
がん診療統括センター副センター長
小杉 智

学会認定

  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本血液学会専門医・指導医・評議員
  • 日本血栓止血学会評議員
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 近畿血液学地方会評議員

専門分野

  • 造血器疾患一般

部長
田所 誠司

学会認定

  • 日本輸血・細胞治療学会認定医
  • 日本血栓止血学会評議員
  • 日本医師会認定産業医

専門分野

  • 造血器疾患一般

副部長
柿本 網之

学会認定

  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医
  • 日本血液学会専門医・指導医・代議員
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本医師会認定産業医

専門分野

  • 造血器疾患一般

医員
木田 亨

学会認定

専門分野

専攻医
菅 真紀子

専門分野

診療部門

主な外来・入院疾患

腫瘍 急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、慢性骨髄性白血病、成人T細胞性白血病/リンパ腫
その他 特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、溶血性貧血

治療・術式

急性白血病 大量化学療法
悪性リンパ腫、多発性骨髄腫 自家末梢血幹細胞移植
特発性血小板減少性紫斑病 γグロブリン大量療法
再生不良性貧血 抗胸腺グロブリン療法

入院病棟・病床

完全無菌室2床、準無菌室6床

最近5年間の新規入院患者数

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
急性白血病 11 10 17 17 11
慢性白血病 3 12 3 1 2
悪性リンパ腫 50 54 36 51 58
多発性骨髄腫 11 10 7 10 11
骨髄異形成症候群 14 8 10 14 12
血小板減少性紫斑病 5 10 8 6 2

検査部門

特殊検査

リンパ節生検、骨髄検査

臨床研究

血液内科では、多施設共同臨床試験を中心とした臨床研究を行っております。これらの研究は、研究方法の妥当性や倫理性を市立豊中病院臨床研究倫理審査委員会により審査をうけ、認められた研究です。これらの臨床研究については外来の診察やセカンドオピニンを通じて担当医に直接お問い合わせください。

臨床研究

  研究課題 実施期間
1 自家移植併用大量化学療法非適応多発性骨髄腫患者に対するModified VMPスケジュールの安全性と有効性の探索的研究 2017年12月31日
2 PCR法による多発性骨髄腫の骨髄MRD測定法の妥当性の検討についての臨床研究 2018年12月31日
3 骨髄腫関連疾患患者の臨床データおよび治療経過に関する疫学観察研究(外部サイト「関西骨髄腫フォーラム」へリンク) 2018年3月31日
4 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫に対するノギテカンによる地固め療法の有効性と安全性に関する検討 2019年5月31日
5 初回再発・再燃濾胞性リンパ腫に対するBendamustin+Rituximab療法終了後のFDG-PETを用いた研究(W-JHS NHL01) 2018年1月31日
6 レナリドミドによる維持療法施行中の多発性骨髄腫症例における免疫応答の動態の検討 2021年12月31日
7 髄液を用いたB細胞性非ホジキンリンパ腫の中枢神経再発予測因子の検討 2020年12月31日
8 日本における骨髄腫関連疾患の予後に関する 大規模多施設前向き観察研究 2022年12月31日
9 骨髄不全患者における、PNH型血球割合とPNH関連の臨床症状を経時的にみる観察研究 2023年5月31日

外来担当表(血液内科)

受診される皆様へ

  1. 地域の「かかりつけ医」による紹介状をお持ちの方は予約ができ、優先的に受診していただけます。
  2. 紹介状をお持ちの方、予約された方が優先されますのでご了承ください。
  3. 紹介状をお持ちの方は、あらかじめ初診・再診受付にお申し出ください。
  4. 予約受付時間をご確認のうえご来院ください。
  5. 診察予約状況により、順番が変わることや診察時間が遅れることがありますので、ご了承ください。
  6. 受診受付の詳細は「ご利用のご案内」をご参照ください。
  7. がん相談支援センターでは医療・看護・薬剤・医療福祉相談、食事療法、心理相談などさまざまな疑問や悩みの解決のお手伝いをいたします。
  8. 当血液内科は骨髄腫に関する疫学研究(関西骨髄腫フォーラム)に参加しています。詳しくは、関西骨髄腫フォーラムホームページ(https://www.myeloma.jp/)をご覧ください。
ページの先頭へ移動