市立豊中病院

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

診療科案内

麻酔科

麻酔科 | 医師募集ページ

【豆知識】コントロールが難しい慢性痛

お知らせ

特色

麻酔及び集中治療室管理以外に、水曜日の午前中に疼痛外来を行っています。治療内容では、星状神経節ブロックや硬膜外ブロックを中心とした神経ブロック療法、低周波、温熱(Xe光線)治療、鎮痛薬・漢方薬・向精神薬・循環改善薬を用いた薬物療法が主です。X線透視下での脊椎椎間関節ブロック、神経根ブロック、腕神経叢ブロック等も行います。顔面神経麻痺に対し針治療、末梢循環不全等での局所静脈内ブロックも行います。

麻酔管理は、年間手術総数5,570例中2,731件で、そのうち全身麻酔例は2,691例となっています。鏡視下手術や脳外科手術を除く全身麻酔管理では硬膜外麻酔を併用し、早期覚醒と術後鎮痛に満足な結果を得ています。
集中治療室においては重度合併症を持つ術後患者管理と重症肺炎、敗血症性ショック患者の治療を実施しています。

医師紹介

総長 兼
地域連携・がん診療部長
眞下 節

学会認定

  • 日本麻酔科学会専門医・指導医
  • 日本ペインクリニック学会認定医

専門分野

  • 麻酔管理
  • ペインクリニック

部長 兼
集中治療部長 兼
手術部長
高田 幸治

学会認定

  • 日本麻酔科学会専門医・指導医

専門分野

  • 麻酔集中治療
  • ペインクリニック

副部長
香河 清和

学会認定

  • 日本麻酔科学会専門医・指導医

専門分野

  • 麻酔集中治療

医長
二宮 万理恵

学会認定

  • 日本麻酔科学会指導医

専門分野

  • 麻酔集中治療
  • ペインクリニック

医員
松永 寛紀

学会認定

  • 外科専門医
  • 麻酔科標榜医

医員
佐藤 正典

学会認定

  • 日本麻酔科学会専門医・標榜医

専門分野

  • 手術麻酔管理

医員
桐山 圭司

学会認定

  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • ICD制度協議会認定ICD

専門分野

  • 麻酔集中治療
本人画像

医員
松原 千里

学会認定

  • 日本麻酔科学会認定医

専攻医
黒田 真理子

学会認定

  • 日本麻酔科学会標榜医

診療部門

主な外来・入院疾患

頭痛・腰下肢痛 偏頭痛、変形性腰椎症、腰椎椎間関節症、筋性腰椎症、筋膜性腰椎症
ニューロパシック・ペイン 帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、術後/外傷後慢性痛
末梢循環不全 慢性動脈閉塞症、動脈硬化症、糖尿病性神経障害
自律神経障害
(局所複雑性疼痛症候群)
反射性交感神経性萎縮症、カウザルギー

治療・術式

鏡視下手術・脳神経外科手術 全身麻酔管理(硬膜外麻酔)
癌性疼痛 癌性疼痛管理
神経ブロック療法(星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、局所静脈内ブロック)
X線透視下ブロック療法(脊椎椎間関節ブロック、神経根ブロック、腕神経叢ブロック)

疼痛外来:水曜日の午前中のみで患者数は20~30名。透視下ブロックは、金曜日14時から行っています。
麻酔および集中治療室管理以外に、地域医療機関との連携に関して上記疼痛外来があります。治療内容では、星状神経節ブロックや硬膜外ブロックを中心とした神経ブロック療法、低周波、温熱(Xe光線)治療、鎮痛薬・漢方薬・向精神薬・循環改善薬を用いた薬物療法が主です。X線透視下での脊椎椎間関節ブロック、神経根ブロック、腕神経叢ブロック等も行います。顔面神経麻痺に対し針治療、末梢循環不全等での局所静脈内ブロックも行います。

専門外来

疼痛外来(ペインクリニック)、緩和ケア外来

検査部門

特殊検査

キセノン光療法、針・SSP治療、イオントフォーレシス

外来担当表

受診される皆様へ

  1. 地域の「かかりつけ医」による紹介状をお持ちの方は予約ができ、優先的に受診していただけます。
  2. 紹介状をお持ちの方、予約された方が優先されますのでご了承ください。
  3. 紹介状をお持ちの方は、あらかじめ初診・再診受付にお申し出ください。
  4. 予約受付時間をご確認のうえご来院ください。
  5. 診察予約状況により、順番が変わることや診察時間が遅れることがありますので、ご了承ください。
  6. 受診受付の詳細は「ご利用のご案内」をご参照ください。
  7. がん相談支援センターでは医療・看護・薬剤・医療福祉相談、食事療法、心理相談などさまざまな疑問や悩みの解決のお手伝いをいたします。
ページの先頭へ移動