市立豊中病院 看護部

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

専門・認定看護師

当院では現在23名の専門・認定看護師が活動しています。

専門・認定看護師の「仕事」

専門・認定看護師は

  • 専門性の高い知識、技術を生かした看護実践をします。
    病棟ラウンドによる横断的活動、専門外来での活動、多職種で構成するチーム内での活動を行います。
  • 各部署の看護師の看護をサポートします。
    コンサルテーション活動を通して、看護師の疑問や悩み・困りごとについて聞き、共に看護ケアを考えます。
  • 看護の質の向上を目指します
    院内研修の計画・実施を行い、専門的知識や技術・新しい情報などをお伝えします。

専門看護師の紹介

がん看護専門看護師 二宮 由紀恵

本人画像

当院では様々な病期のがん患者・家族への看護実践が求められます。がん看護専門看護師として多職種・多部門との連携を図りながら横断的に活動し、がん患者がその人らしくよりよく生きていけるよう支援しています。チーム医療の中で、看護の役割・専門性を発揮し生活者の視点でがん患者・家族をサポートすることが必要です。部署の看護師とともに関わる中で、がん看護についての検討、看護師のサポートも行っています。院内研修や病棟での学習会では、がん看護に関する知識の提供、事例を用いた討議などを行っています。

母性看護専門看護師 濱田 紀子

当院は、地域周産期母子医療センターの認定を受け、妊娠・分娩・産褥期を通してハイリスク母子にケアを提供しています。また、院内助産「はぐみ」で、ローリスク母子を対象としたケアの充実も図っています。
妊娠、出産、育児を通して、大きな環境の変化に直面する女性が、その変化に適応できるように地域の保健センターと連携し、サポートを行っています。また、周産期において、エビデンスに基づいたケアの提供を推進しています。

老人看護専門看護師 柴田 明日香

本人画像

高齢者の方々が安心して療養生活が送れ、最期まで自分らしい豊かな一日を過ごすためには何が最善であるかを支援できるように活動しています。
病院では急性期に発症しやすいせん妄に対して、医師、認知症認定看護師、薬剤師、作業療法士、臨床心理士で構成される「せん妄予防対策チーム」で回診し、早期離脱に努めています。
初めて認知症と診断を受け生活を整えていく高齢者やご家族、慢性疾患の管理が難しくなってきた認知症高齢者やご家族は複雑な問題を抱えています。そのような方々に対しても地域関連職種と連携し、療養サポートを行い生活の質の向上に努めています。

認定看護師の紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師 曽根 光子

本人画像

2005年に皮膚・排泄ケア認定看護師の認定を受けました。皮膚・排泄ケア分野は、創傷(Wound)、ストーマ(Ostomy)、失禁(Continence)の領域を専門としています。
高齢者世帯や独居高齢者が増加する中、褥瘡の予防やストーマケアの指導はより複雑で困難となっていますが、看護の力が発揮でき、やりがいを感じられます。
また、院内全体の皮膚・排泄ケアの質向上のために、院内研修にも力を入れています。卒後研修では、予防的スキンケア、褥瘡予防のケア、キャリアアップ研修ではストーマケア、創傷ケアのコースを設け、それぞれ講義と演習を交えた実践的ですぐに使える内容としています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 大西 智香子

本人画像

ストーマ(人工肛門・人工膀胱)ケア、褥瘡(床ずれ)の予防や発生後のケア、失禁に関するケアを専門として、看護師への教育や指導を行っています。さらに、当院以外の看護師へも研修を通して教育を行っています。また、外来ではストーマ外来を担当し、人工肛門や人工膀胱を造設した患者さんが快適な日常生活が送れるように支援しています。

感染管理認定看護師 赤瀬 望

本人画像

専従で病院の感染管理を担っています。主な業務としては微生物の情報をもとにした院内ラウンドによる微生物の監視や、耐性菌対策として医師・臨床検査技師・薬剤師と共に抗菌薬の適正使用を推進しています。また各部署の感染リンクナースと連携を図り、現場への感染対策の指導や相談を行っています。感染管理認定看護師として、日々の活動から患者様の安心できる療養環境作りと職員が安心して働ける職場環境作りを目指していきます。

感染管理認定看護師 鈴木 徳洋

本人画像

2015年に認定を得て、現在は、感染対策室で感染対策担当者として専従で勤務しています。感染管理は、患者様、面会者、病院で働くすべての職員、学生など、すべての人を対象としています。感染管理プログラムとして、医療関連サーベイランスの実施、感染防止対策、職業感染対策、感染管理指導、感染管理相談、安全な療養環境の確保を行っています。また、各部署には感染リンクナースが任命されており、部署における感染対策上の問題を一緒に協力し改善しています。

がん化学療法看護認定看護師 秦 真由美

本人画像

2005年に認定資格を得て、現在は主に外来化学療法室に勤務しています。最近の抗がん剤治療は分子標的薬の開発がすすみ、従来の消化器毒性・血液毒性などに加えて、皮膚障害や間質性肺炎などがクローズアップされるようになり、多岐にわたる副作用症状への患者支援が必要となってきています。患者様や家族様ができるだけ治療前と同じ日常生活が送れるよう、医師や関連分野の専門・認定看護師と連携をとりながらケアをおこなっています。また、院内研修や病棟勉強会などスタッフ教育を行うことで、看護の質の向上に努めています。

がん化学療法看護認定看護師 安田 純子

本人画像

2012年にがん化学療法認定看護師の認定を受けました。初発、再発に問わず、長期間抗がん剤投与の治療を受けている患者様の副作用症状の緩和およびセルフケア支援、個別的なサポートやケアを行っています。また患者様やご家族様が安心して治療に臨めるよう努めます。そのため他部門と連携を取りながら、院内における教育や相談などの分野で活動し、患者様に提供するケアの質の向上を目指します。

放射線療法看護認定看護師 一上 由華

本人画像

放射線療法は、放射線治療装置や技術の進歩により、治療目的も根治から対症療法と多岐にわたり適用されるようになりました。そのため、患者の病状だけではなく、患者や家族の心理的や社会的な問題に対してさまざまなサポートが必要です。個々の患者に合わせて治療完遂を目指し、精神的支援や有害事象のセルフケア支援を行います。また、予測できる有害事象に対して事前に予防的ケアを行うことで、症状を未然に防ぎ、軽度に抑えることが可能なものもあります。放射線治療スタッフと連携をとり取り組んでいきます。

がん性疼痛看護認定看護師 山口 和佳子

本人画像

がん性疼痛看護認定看護師は、がん性疼痛に関する最近の知識をもち、がん性疼痛を有する患者の疼痛マネジメントや、全人的なケアの計画・実施および役割モデルを示し、看護師への指導・相談をおこないます。
WHO方式がん治療法を用い、適切な疼痛マネジメントが行われると80~90%以上の痛みが取り除けると報告されています。
患者さまとご家族に寄り添い、痛みを上手く表出できるように援助し、適切な疼痛マネジメントを行うことで患者さまが痛みから早期に解放され、QOLを高められるようにと関わっています。
また、緩和ケアチームの一員として、他職種と協働し、質の高い医療とケアを目指します。

緩和ケア認定看護師 西浦 志保

緩和ケアは終末期だけでなく、がんと診断された時から、人生の最期の時を迎えるその時まで患者さん、ご家族の方が抱えている様々な苦痛を和らげることです。緩和ケア認定看護師として患者さん・ご家族の意思を尊重しその人らしい生を支えるために医師、看護師、コメディカルなどの多職種と連携しケアをおこないます。現在は緩和ケアチームに所属し、組織横断的に活動しケアに携わっています。

緩和ケア認定看護師 齋藤 智子

2016年に緩和ケア認定看護師を取得し、緩和ケアチームの一員として横断的に活動しています。がんなどの生命を脅かす疾患に罹患した患者・家族は様々な苦痛を抱えています。苦痛の原因を明らかにするために患者・家族の話を傾聴する中で、その人の価値観や人生観を知り、患者にとってよりよい選択ができるよう意思決定支援を行っています。医師やがん関連の専門・認定看護師、薬剤師、臨床心理士、MSW、栄養士などの多職種と連携して患者・家族の苦痛緩和を図り、その人らしく生きられるようサポートしています。

手術看護認定看護師 野端 万里

本人画像

2011年に手術看護認定看護師の認定を受けました。手術はチーム医療であり、多職種のメンバーが協働します。メンバーそれぞれが専門性を発揮し、患者様やご家族様に安心・安全な医療・看護が提供できるよう日々心がけています。また、術前・術中・術後を通した継続看護を目標とし、キャリア研修「手術看護分野」を行っています。その他、各病棟のニーズにそった学習会や「気管挿管介助の技術」を院内eランニングで公開し、ローテーション研修のサポートも行っています。周術期看護の普及や看護の質の向上を目指し活動しています。

集中ケア認定看護師 加藤 和成

本人画像

2012年7月に集中ケア認定看護師の認定を受けました。集中ケア認定看護師は、生命の危機状態にある患者の病態変化を予測し、重篤化を回避するための援助や、早期から障害の程度をできるだけ少なく回復できるよう支援することなどを専門とします。また、活動の場を集中治療室内から院内全体にひろげ、呼吸療法サポートチームの一員として重篤化を回避するための援助や回復促進するためのケアをチームで考え、患者様に質の高い医療を提供していきたいと考えています。

慢性心不全看護認定看護師  酒井 世志子

本人画像

慢性心不全は心疾患の終末像であり、急性増悪を繰り返すことが多く生涯に渡り管理や調整が必要となります。また、高齢化によりあらゆる合併症を有していることもあり、社会的背景もさまざまです。そのため、急性期から慢性期、終末期での関わりの中で多職種との連携を図り、協働して継続的な支援が重要になってきます。
慢性心不全患者の身体的、精神的機能を考え、増悪因子の評価を行い患者、家族に看護を提供していくこと、そして、QOLの向上や予後改善につなげるため、その時期に応じた看護ケアをスタッフと共有し、看護の質の向上にも努めていきます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師  加苅 彰

本人画像

摂食・嚥下障害は、脳神経疾患だけでなく、加齢や低栄養、薬剤や放射線治療、手術によって起こりうる障害です。嚥下チーム、栄養サポートチームに所属し、摂食・嚥下障害が疑われる患者さんの嚥下機能の評価や、嚥下訓練計画の立案、退院時の指導、スタッフ教育を行っています。患者さんの口から食べる幸せに少しでも助けになるよう、病院スタッフと協力しながら、日々看護しています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師  柿沼 香里

本人画像

摂食嚥下障害とは、病気やその治療(手術や薬剤など)、加齢によって食べることが困難になることをいいます。摂食・嚥下障害看護認定看護師は、食べることが困難になった患者さんやご家族に、多職種と協同して栄養状態の改善や摂食嚥下機能の維持・向上を支援していきます。
食べることは、栄養維持だけではなく、生きがいや楽しみといった喜びにつながります。一人でも多くの患者さんが、【安全で、おいしく、楽しく】食べることを目標に、日々活動しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 仁井谷 さとみ

本人画像

2013年に脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の認定を受けました。
脳卒中医療は、治療の高度化、機能障害の残存、寝たきり要因の増加など様々な課題も多くあります。その中で脳卒中の発症予防を始めとし、発症した場合、重篤化の回避、合併症予防に努め早期治療に続く病態に応じた早期リハビリテーションを行うと共に、早期のADL向上と社会復帰を目指すために、多職種と協働しチーム医療の推進を図っています。また、脳卒中再発予防に向けた指導を含めた、スタッフの教育を行い脳卒中看護の質の向上を目指しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 中川 愛

本人画像

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は寝たきりになる原因の第1位と言われています。その発症は突然であり意識障害や身体の機能障害、高次脳機能障害など様々な後遺症を残し、患者様やご家族の人生を一変させます。その後の生活の再構築を行うために、急性期から回復期に繋げられる看護が必要となります。医師、セラピスト、医療相談員など多職種と連携し、社会復帰を目指した看護に取り組んで行きたいと考えています。

新生児集中ケア認定看護師 掛布 美樹

本人画像

NICU・GCUには早期産や疾患のある赤ちゃんが入院しています。院内で出生した赤ちゃんだけでなく、近隣の病院から新生児搬送も受け入れています。
1人1人の赤ちゃんが示すサインを読み取り、個別性のあるよりよい看護が提供できるよう取り組んでいます。多職種と連携を図りながら、ご家族と共に赤ちゃんの身体的ケアや成長発達を促すケアを行っています。

認知症看護認定看護師 大久保 和実

本人画像

認知症の方は新しいことが苦手です。馴染んだ場所、馴染んだものに囲まれて過ごすことができれば、気持ちが安らぐといわれています。入院生活は、馴染みのないものばかりですが、看護師が日々関わりをもち、その人らしさを引き出すコミュニケーションをとることで、私達が馴染みの人となることができます。
認知症の症状、とくに周辺症状(BPSD)と言われる症状の多くは、薬のみで軽減するものではありません。看護師の関わり方次第で症状が消失することもあります。一緒に看護の力を発揮しましょう。

認知症看護認定看護師 泉 美沙子

本人画像

私は、2008年に認知症看護認定看護師の認定を受けました。現在は、整形外科病棟で、病棟の看護師と力を合わせて、入院される認知症の方が安心して入院治療を受けられるように、患者さんのこれまでの人生や人柄を理解して、その時々の思いを確認しながら、笑顔で接するようにしています。これからも認知症の方が、安心して治療が受けられるよう取り組んで参ります。

ページの先頭へ移動