市立豊中病院 看護部

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

ごあいさつ:看護部長のごあいさつ

看護部よりごあいさつ

副院長 兼 看護部長:藤田幸恵団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向かって、世の中は少子高齢化がすすみ、多死社会が訪れます。地域包括ケアシステムが構築されるなかで、市立豊中病院は地域の中核病院として地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院の指定を受け、住民が病気と向き合いながら住み慣れた地域で安全に安心して暮らせるように医療を提供し、地域の医療機関や介護体制と円滑に連携する役割を果たさなければなりません。

看護部は「温かなこころとケアで信頼される看護」を提供することを理念としています。患者様が自主的に病気と向き合えるように看護師として真摯に対応し、科学的根拠を持ったケアを提供することを心がけています。また倫理観と豊かな感性を持って看護を提供することにも努めています。そのためには計画的に専門看護師や認定看護師の育成にも力を注ぎ、職員ひとりひとりや地域の医療機関のレベルアップを図れるように教育体制や教育計画を充実させることにも努めています。

看護師として患者様が医療を受けるうえで、少しでも退院後のQOLを高められるためにはどう役割を果たすべきかを考えられることが信頼される看護につながっていきます。地域につなげる看護を市立豊中病院でともに頑張りましょう。


ページの先頭へ移動