ご利用案内

入院医療費について

入院医療費に関するお知らせ

入院医療費は「DPC(診断群分類別包括評価)」方式により計算されます。

「DPC」とは
病名や診療内容に応じて分類されたもの(診断群分類)のうち、分類に対してそれぞれ1日あたりの費用を定めた新しい医療費の計算(支払い)方式です。
従来の計算方式は、診療で行った検査や注射、投薬などの内容に応じて計算する「出来高払い」方式でした。「DPC」では、病名や手術、処置などの内容に応じた1日あたりの定額の医療費を基本として全体の医療費の計算を行う「包括払い」方式となります。

なお、手術やリハビリ、内視鏡などの専門的な技術料につきましては、これまでどおり出来高払い方式で医療費が計算されますので、入院にかかる医療費は、定額部分と出来高部分を合わせたものになります。

※当院でのDPC導入は、平成20年7月1日から実施することが認められたものです。

DPCの計算方式(1日あたりの入院費用×日数)入院基本料、注射料、検査料、投薬料、レントゲン料などを含みます。

入院医療費のDPC計算は、すべての患者様に適用されるのではなく、一部患者様は、従来どおりの出来高計算となります。詳しくは医事係入院窓口までお問合せください。

よくあるご質問

Q.入院した場合は、すべてがDPC対象となるのですか

患者様のご病気が、DPC対象となる診断群分類のいずれかにあてはまる場合に、DPCの計算方式で医療費を計算します。なお、自費診療、労災保険適用の方は出来高払いとなります。

Q.外来で通院する場合もDPC対象となるのですか

外来患者の方は、DPC対象とはなりません。従来どおりの出来高払い方式となります。

Q.医療費の支払方法はどのようになりますか

一部負担金の支払方法は、月末まで分を翌月の月初めに、月の途中で退院される場合は退院の際に請求させていただきますので、1階会計窓口でお支払いください。
病状の経過や治療内容によって診断群分類が途中で変更になった場合には、1日あたりの定額の点数を入院初日までさかのぼって計算し直すため、請求額が増減することがあります。そのため月をまたがって入院されている場合には退院の際に前月分までの支払い額との差額を調整させていただくことがあります。

Q.食事料や個室料はDPC払いに含まれるのでしょうか

食事の料金や個室料は、医療費とは別にこれまでどおり負担していただくことになります。

Q.高額療養費の扱いはどうなりますか

高額療養費の取り扱いは、従来どおりと変わりません。

病院からのお願い

「DPC」は、ひとつの病名(診断群分類)に対して入院診療を行うことを前提とした制度です。そのため、緊急を要さない他の病気の治療を希望された場合は、主治医の判断により退院後にお願いすることがありますのでご了承ください。

ページの先頭へ移動