ネットワーク協議会とは

部会のご案内

がん登録部会

平成28年1月に「がん登録等の推進に関する法律(平成25年法律第111号)」が施行され、全国がん登録制度が開始されました。

がん登録とは、がんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか、どのくらいの人が新たにがんと診断されているか、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているかを調べ、国や地域のがん対策の立案や評価に使用されます。

豊能地域にある国指定「地域がん診療連携拠点病院」、大阪府指定「がん診療拠点病院」では、院内で診療科を問わずに行う「院内がん登録」を実施しています。「院内がん登録」で登録された情報は、全国がん登録に活用されます。

がん登録部会では、院内がん登録実務者の勉強会等を行い、院内がん登録の精度を高めるとともに、院内がん登録のデータを用いて、豊能地域のがん罹患状況の分析等を行っています。

院内がん登録を通じて、がん患者さんに情報提供を行い、がん医療の分析・評価等を行うことでがん医療の質の向上等に貢献していきたいと思っています。

令和元年(2019年)8月1日

がん登録部会

部会の活動目標

  • 豊能地域のがん罹患状況等の情報提供
  • 院内がん登録の精度管理

各施設の院内がん登録情報

部会構成団体、及び職種

  • 大阪大学医学部附属病院、市立池田病院、箕面市立病院、済生会吹田病院、済生会千里病院、大阪刀根山医療センター、市立吹田市民病院、市立豊中病院
  • 医師、看護師、診療情報管理士、事務職員

緩和ケア部会

国のがん対策基本計画でも「がんと診断された時からの緩和ケアの実施」が目標として掲げられておりますが、最近では緩和ケア=終末期医療ではなく、がんの治療に不可欠なケアであると認識されております。

がんと診断された時から、痛みやその他の身体的苦痛、気持ちの落ち込み、就労の問題、医療費・生活費など経済的問題、家族関係や療養環境の調整など、さまざまな問題が生じてくることがあります。このような問題に継続的に取り組んで、より良い療養生活を送っていただくことが緩和ケアの目標となります。

痛みに対して鎮痛薬を使用したり、患者さんやご家族の不安を軽減するように十分なコミュニケーションを取ることなどはすべての医療従事者が習熟・実践するべき基本的緩和ケア、一般的な対応で対処が難しい難治性の苦痛や複合的な問題に対応する専門的緩和ケア、という風に二段階に分けて理解するのが良いとされています。後者は、主に病院の緩和ケアチーム、地域のホスピス・緩和ケア病棟、在宅支援診療所などが担い手となっています。

緩和ケア部会では、豊能医療圏でがん診療に携わる医療従事者の連携強化や、緩和ケアに関する技術・知識を向上することを目的として、(1)情報共有ツールの作成、(2)医師対象の緩和ケア研修会の受講促進、(3)全医療従事者対象の緩和ケア研修会の実施をしています。また、患者さん・ご家族からのご要望を受けて、圏域内のがん診療連携拠点病院で実施されているがんサロンに関する情報集約を行い、協議会ホームページ等で案内を行っています。

このような活動を通じて、基本的緩和ケアが広く提供されること、専門的緩和ケアへのアクセスが良くなることにより、患者さん・ご家族の療養生活がより良いものとなることが我々の願いです。ぜひご理解・ご支援を賜ります様お願い致します。

令和元年(2019年)8月1日

緩和ケア部会 メンバー一同

令和元年度(2019年度)の活動目標

  1. 緩和ケアにかかる地域医療機関との連携:地域連携情報シートの運用
  2. 緩和ケアの普及啓発
    1. 緩和ケアにかかる地域連携を目的とした研修や会合等への相互参加
    2. 医療従事者の資質向上に繋がる交流会の企画立案

部会構成団体、及び職種

  • 豊中市医師会、池田市医師会、箕面市医師会、吹田市医師会、ガラシア病院、千里中央病院、おきしろ在宅クリニック、緑・在宅クリニック、大阪府訪問看護ステーション協会、大阪大学医学部附属病院、市立池田病院、箕面市立病院、済生会吹田病院、済生会千里病院、大阪刀根山医療センター、市立吹田市民病院、市立豊中病院
  • 医師、看護師、MSW、SW、事務職員

地域連携情報シート、及び運用規定

(令和元年(2019年)6月24日掲載)

がん検診情報部会

国のがん対策基本計画では、個別目標として「がん予防」「がん医療の充実」「がんとの共生」を掲げ、平成30年(2018年)3月に策定された第3期大阪府がん対策推進計画では、「がんの予防・早期発見」「がん医療の充実」「患者支援の充実」「がん対策を社会全体で進める環境づくり」を基本的な取組みとして位置づけ、がん対策の一層の推進をめざしています。

これら国や大阪府の動きを受けて、がん検診情報部会では、国指定「地域がん診療連携拠点病院」や大阪府指定「がん診療拠点病院」、大阪府保健所、市町検診担当課が連携協力して、がんの早期診断・早期治療につながるがん検診受診率の向上への取組み、主に小中校生を対象としたがん予防に関する学習活動支援、並びにがんに関する正しい知識の普及啓発などの活動を推進するとともに、医師・看護師・コメディカル等多職種の連携と協働による計画的・効果的な実施に取り組んでいます。

がん検診情報部会は、これらの活動により豊能地域におけるがん年齢調整死亡率の減少に貢献し、住民のみなさんが心豊かに安心して生活できる社会の構築に寄与してまいります。

部会の活動目標

  1. がん検診啓発のため、協議会主催の「がん市民公開講座」を開催する。
  2. 豊能医療圏内の児童・生徒向けがん教育出前講座への講師派遣などのがん教育推進の支援を行う。

令和元年(2019年)8月1日

がん検診情報部会

部会構成団体、及び職種

  • 豊中市保健所、大阪府池田保健所、大阪府吹田保健所、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、吹田市、大阪大学医学部附属病院、市立池田病院、箕面市立病院、済生会吹田病院、済生会千里病院、大阪刀根山医療センター、市立吹田市民病院、市立豊中病院
  • 医師、保健師、事務職員

がん地域連携部会

がん地域連携部会では、これまで、セカンドオピニオンチーム、クリティカルパスチーム、リハビリテーションチームのテーマ別グループにより、次のような取組みを行ってきました。

  • セカンドオピニオンチームでは、セカンドオピニオンを希望される患者様にとって地域内の情報が一元化されていない現状を考え、各拠点病院の申込み等の状況一覧など誰もが見やすくわかりやすいリーフレットを作成し、地域の医療機関や公共機関等にも配布することで、患者さまの便宜を図ることとしました。
  • クリティカルパスチームでは、各拠点病院の運用方法に関する情報共有を目的に「運用整理シート」を作成し、パスの効果的な運用等について検討しました。しかしながら、各病院の今までの取り組み方や進捗状況が異なることから統一した取り組みは難しく、各病院の問題点を集約し、「運用整理シート」を参考に各病院が運用改善につなげていくこととしました。
  • がんリハビリテーションチームでは、リハビリテーションの介入時期やリスク管理についての情報交換を行なうため、各拠点病院へがん患者に対するリハビリテーションの現状に関するアンケートを実施し、その集計結果をもとに、がんリハビリテーションが抱える課題を共有し、今後の運用改善に向けた検討を行ないました。また、関係者に向けた講演会を開催し、がんリハビリテーションの正しい認識を促し、ガイドラインに沿ったリハビリテーションが実施できるよう啓発することができました。
  • がん相談支援センターチームでは、各拠点病院の職員体制や業務状況を把握し、対応事例などから、出来ていること、出来ていないことを把握したうえで、各拠点病院での対応策や相互の連携を検討しました。

これらの活動をとおして、豊能医療圏全体のがん医療における質の向上が図られるよう継続した取組みを行なっていきます。令和元年度(2019年度)は、がんリハビリテーション、がん相談支援センターをテーマにして活動しています。

令和元年(2019年)8月1日

がん地域連携部会

部会構成団体、及び職種

  • 大阪大学医学部附属病院、市立池田病院、箕面市立病院、済生会吹田病院、済生会千里病院、大阪刀根山医療センター、市立吹田市民病院、市立豊中病院
  • 医師、看護師、作業療法士、理学療法士、MSW、SW、事務職員

がん研究部会

がん研究部会は、大阪大学医学部附属病院(以下、阪大病院)が担当し、主に以下の5項目について活動を行っています。

1. 小児がん対策:

阪大病院は、大阪府内のがん診療連携拠点病院等と連携し、小児がん患者の診療に取り組んでいます。また、近畿若手小児血液クラブを組織し、若手医師の教育も行なっています。更に、AYA世代のがんに対しても力をいれており、妊孕性についても産婦人科と連携しており、がんになっても一生を通じて質の高い生活を送ることができるように多職種による支援を行っています。

2. 骨髄移植および臍帯血移植の推進:

同種造血幹細胞移植の件数は年間27件(平成30年度)です。移植の幹細胞ソースとしては血縁、骨髄バンク、臍帯血のすべてに対応しており、骨髄バンク及び臍帯血移植が3分の2を占めています。

3. がん研究の推進:

多施設臨床研究の推進(特定非営利活動法人SCCRE(エスキュール))

がん臨床研究を実施する7つの研究会(消化器がん、乳がん、肺がん、泌尿器系がん、骨髄腫等)を支援しています。

臨床研究中核病院

平成27年8月に臨床研究中核病院の認定を受け、質の高い臨床研究支援のために更に未来医療開発部を整備します。

がんゲノム医療中核拠点病院

「がんゲノム医療を総括する部門の設置」として、がんゲノム医療センターを設置し、平成30年2月にがんゲノム医療中核拠点病院に指定されました。また、平成30年9月に品質保証遺伝子検査室が米国病理医協会の認定(CAP-LAP)を取得し、同年10月より先進医療B「マルチプレックス遺伝子パネル検査」を実施しています。更に平成30年度は、13のがんゲノム医療連携病院(大阪府下8病院)と協力してゲノム医療の社会実装を推進しています。

4. 先進医療の推進:

現在、以下の先進医療を実施中です。
1.パクリタキセル静脈内投与及びカルボプラチン腹腔内投与の併用療法(先進医療B)、2.周術期カルペリチド静脈内投与による再発抑制療法(先進医療B)、3.11C標識メチオニンを用いたポジトロン断層撮影による再発の診断 頭頸部腫瘍(先進医療B)、4.放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法(先進医療B)、5.11C標識メチオニンを用いたポジトロン断層撮影による診断 初発の神経膠腫が疑われるもの(先進医療B)、6.術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法(先進医療B)、7.テモゾロミド用量強化療法 初発時の初期治療後に再発又は増悪した膠芽腫(先進医療B)、8.腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術(先進医療A)、9.マルチプレックス遺伝子パネル検査 難治性固形がん(先進医療B)。

5. 人材育成:

阪大病院は、がんプロフェッショナル養成基盤推進プランに参画し、種々のがん診療領域の専門医・メディカルスタッフを養成すべく大学院に17コースを設置しています。現在、46名が在学中(薬物療法、放射線治療、緩和医療、外科治療、放射線物理、細胞診、がん看護等)です。