市立豊中病院 医師・臨床研修医募集サイト

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

臨床研修医募集

初期臨床研修の実際

研修医・専攻医数(平成26年5月現在)

 
内科
循環器
内科
神経
内科
消化器内科
外科
小児科
産婦
人科
整形
外科
専攻医8年次          
1
     
専攻医7年次                  
専攻医6年次      
1
       
専攻医5年次  
1
 
2
2
1
   
1
専攻医4年次
2
 
1
2
3
1
1
1
専攻医3年次
2
 
2
1
 
4
2
2
研修医2年次                                
研修医1年次                                
4
1
3
6
5
7
3
4
 
脳神経
外科
耳鼻
いんこう科
泌尿器
放射線

皮膚科
[ス]
専攻医8年次          
1
       
2
専攻医7年次                    
0
専攻医6年次            
1
   
2
専攻医5年次      
       
7
専攻医4年次  
1
1
2
1
   
16
専攻医3年次
1
   
1
   
15
研修医2年次                    
9
9
研修医1年次                    
12
12
1
1
1
3
3
21
63

● [ス]は、 スーパーローテート

当直

回数月 平均4回
当直手当 時間外勤務手当として支給
勤務体制
  • 救急当直:3名(内科系1名外科系1名小児科1名):2年次以降
  • 救急副当直:1名(救急当直医の指導下に1年次研修医が担当)
  • 病棟当直:7名

教育資源

  • 図書室:あり
  • インターネット:医局、図書室から利用可能
  • CPC:実施回数12回 剖検数:19(平成25年度)
  • 学会、研究会への参加費用支給:あり

研修プログラム

  • 臨床研修運営委員長兼研修プログラム責任者 副院長 兼 救急科主任部長 東 孝次

ローテーションの一例

1年次
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
イントロ 内科 麻酔科 外科   救急
2年次
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
麻酔 小児科 産婦 精神 地域 選択

内科

消化器、 循環器+呼吸器、内分泌+腎+神経+血液の専門科を各2ヶ月

外科

1ヶ月

救急

1年次に
救急科を3ヶ月間、麻酔科+ICUを2ヶ月間
2年次に救急1ヶ月

産婦人科

1ヶ月

精神科

1ヶ月
一部は、松柏会榎坂病院(研修協力施設)で実施

小児科

2ヶ月

地域医療

1ヶ月
当院地域医療部および下記研修協力施設で実施

● 三和会わたなべ医院
● 福渡医院
● 野崎クリニック
● 南谷クリニック
● 豊中診療所
● 医療法人島越内科
● 沢村内科
● 岡部診療所
● 秋田内科医院
● 大阪国際空港メディカルセンター
●喜田整形外科
●藤戸クリニック
●大瀬戸内科

選択

以下の選択科から複数科または同一科を
合計6ヶ月間

内科 神経内科 循環器科 外科 救急科
麻酔科 小児科 産婦人科 精神科 整形外科
脳神経外科 心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科
眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科
放射線科 病理診断科

5~6ヶ月間内科研修を希望する者は、
内分泌代謝内科 腎臓内科
消化器内科(肝胆道) 消化器内科(胃腸膵)
血液内科 呼吸器内科 循環器内科 神経内科
から1~2科を選択

研修2年目の選択科決定

  • 研修1年目の期末(12月)に行う。
  • 研修者は選択希望科に優先順位と研修希望期間を付けて提出し、研修医間と臨床研修管理委員会で調整した上で最終決定します。

研修後の進路

2年間の初期研修終了後は基本的に各自で進路を決めていただくことになりますが、以下の選択肢が考えられます。いずれも当院臨床研修委員が研修医の希望を尊重して支援します。

1.当院で後期研修

後期研修については、各診療科ごとに相談に応じます。

後期研修修了後には当院正職員として採用される例があります。

2.大学で研修

出身大学に戻られる他、当院の関連大学に紹介することはできます。また、各大学も卒後研修センター等で後期研修の案内をする予定です。

3.大学院進学

4.他の臨床研修病院で後期研修

→次へ. 「よくあるご質問」

ページの先頭へ移動