市立豊中病院 医師・臨床研修医募集サイト

文字の大きさを変える

文字を標準の大きさで表示する文字を大きく表示する

医師募集

救急科医募集のご案内 - 副院長メッセージ

副院長メッセージ
社会的ニーズが極めて高い救急医療の分野で地域の期待に最大限応えていく。それが当院の救急科です。

市立豊中病院 副院長 兼 救急科主任部長 東 孝次


市立豊中病院は、豊中市をはじめ近隣市町の広い診療圏を受け持ち、地域中核病院として「心温かな信頼される医療」を基本理念に、地域の皆様方に良質かつ高度な医療を提供しています。
救急科では、入院や手術を要する症例に対応可能な二次救急医療機関として、多くの診療科と連携しながら、軽症の救急患者から一刻を争う重症疾患の患者までを対象としてER型救急診療を行なっています。

多種多様な症例に触れられる場所

救急科は、救急外来に搬送されてきた患者に対し、迅速かつ適切な治療を行う分野です。診療科目にかかわらず突発的に起こる疾患に対し、自身の知識や技術をフルに生かして、最善と思われる診療を実践していきます。

なぜこんな症状で救急搬送されて来るのだろうと首を傾けたくなるような、一見、軽症に見える患者の中にも重症患者が存在することも珍しくありません。救急医は、患者の発する異常のサインから重症を拾い上げる技術も必要とされる仕事。患者の訴えに、先入観なしに耳を傾け、決して油断や過信をせず、あらゆる可能性を考えて診断、検査することが求められます。

判断力と決断力が同時に試されますが、「救命」という医師としての醍醐味を味わえる現場であることは間違いなく、医師としての可能性が確実に広がる魅力ある職場であると言えます。ぜひ、当院で知識と技術を磨きながら、救急医としてのやりがいや喜びを見つけていただきたいと思います。

初期診療が患者の予後を決める救急医療の現場で診断力を磨く

大学卒業後、私は学生時代に懇意にしていた先輩の影響で、外科医として医師人生のスタートを切りました。大学と外部の病院での臨床研修、基礎医学研究を経て、一刻を争う重篤な救急患者に対応する三次救急医療機関へ。当時、私立病院の外科という別の選択肢もありましたが、最終的に救急科への入職を決意したのは、医師としての視野を広げたいとの思いからでした。当初は2年ほど経てば、大学に帰るか再び外科に戻る予定でしたが、思いがけず救急科が肌に合ったようで、12年間も勤務することになりました。

救急科は他科と違って、生命の危機に瀕している患者が搬送されてくるのが日常。未だかつて診たこともない症例に遭遇することも珍しくありません。私自身、初期診療が患者さんの予後を決める救急医療の現場で、少しずつ救急医としての診断力が磨かれたように思います。他院で1年勤務した後に、2002年に当院の救急科に入職。いつの間にかここでの医師歴が一番長くなりました。

どんな疾患にも恐れず立ち向かう姿勢が必要

当科は、事故などによる軽度の外傷や骨折から、内因性、外因性の救急疾患まで、緊急処置や手術、入院などを必要とする疾患に幅広く対応しています。主な業務は、救急患者の初期診療ですが、まず生命の危険があるかどうか、緊急度と重症度を評価してその上で診療を行います。そして、検査などを合わせてある程度診断がつけば、そこから先の治療は各専門診療科に委ねます。

当院の救急科では、小児から高齢者までさまざまな患者が来院され、多種多様な症例を経験できます。当然、経験したことのない疾患に向き合わなければならない場面に遭遇することも。自分の専門外だから診療できないなどと言っていたら務まらない厳しい現場でもあります。しかし裏を返せば、専門に縛られることなく目の前の患者さんに対して医師としての知識や技術を存分に発揮して、自分が最善と思う治療が実践できる職場でもあるのです。私自身はそこに救急医としてのやりがいを感じています。

救急医に必要なことは、まずはどんな疾患でも診てやろうという意志と姿勢です。どんな患者、どんな疾患にも対応できるということは、医師にとって大きな武器。そうした能力を磨くには、豊能二次医療圏の中で最も救急搬送件数が多い当院の救急科は最適ではないでしょうか。

ワークライフバランスが実現できる職場

救急科は、良好かつスピーディーに他科と連携を構築していく調整力も必要となりますが、2016年後半から整形外科との連携がさらに進み、中等度までの外傷患者を受け入れできるようになりました。前任地で三次医療を長年経験してきた身としては、特に自身の専門でもある外傷疾患により対応できる体制が構築できたことを大変喜ばしく思っています。

救急科の医師というと、日々緊張を強いられる激務というイメージが付きまといますが、当院は外来診療に専念し入院患者を受け持たないER救急体制をとっているため、病院から一歩外に出ると、仕事のことを考える必要はありません。病院からの問合せや呼び出しもないので、私自身は、休みの日には山登りをするなどして日頃のストレスを大いに解消しています。オン・オフのメリハリがあるため、オフを研究に充てたり趣味の時間とするなど、時間を有効に使えることが当科の大きなメリットでもあります。

市立豊中病院は、ベテランから若手まで医師の数も正職員だけでも100余名と非常に多く、市立病院としては大阪府下最大の規模を誇ります。診療科の垣根も低く、困ったとき、迷ったときに相談に乗ってくれる頼もしい先輩医師や支えとなってくれる上級医も大勢おり、多くの影響を受けながら吸収できることがたくさんあるでしょう。興味の幅が広い医師にとっては、これ以上ないほど働きがいのある職場ではないでしょうか。

ますます社会的なニーズが高まり続ける救急医療の需要に、地域の中核病院として最大限応えていくというのが当科のスタンスです。ぜひ救急科で、あなたの可能性の扉を大きく開いてみませんか。「患者の命を救う」という医療の原点である救急医療の分野で、意欲と情熱を持って取り組んでいただけるドクターをお待ちしています。


募集案内はこちら

募集に関するお問い合わせ

お問い合わせ 豊中市柴原町4丁目14番1号
市立豊中病院 事務局 総務企画課 職員係
06-6843-0101 (内線3474)
E-mail:hjinji@city.toyonaka.osaka.jp
ページの先頭へ移動