病院紹介:市立豊中病院について

臨床研究

臨床研究とは

医療における疾病の予防方法、診断方法及び治療方法の改善、疾病原因及び病態の理解並びに患者の生活の質の向上を目的として実施される医学系研究であって、人を対象とするものをいいます。この内、臨床現場で行われる医学系研究を『臨床試験』といい、その中でも医薬品の製造販売の承認を受ける事を目的とした治療を兼ねた臨床試験の事を『治験』といいます。

臨床研究と臨床試験・治験の関係の図

これら臨床研究の医療行為および医学研究について倫理的な観点から行う事の適否を審査する為、市立豊中病院では臨床試験に対する合議制の機関として『倫理委員会』を、治験に対しては『治験審査委員会』を設置しています。

臨床研究支援センター

人員体制

センター長 西田 勉(消化器内科部長)
副センター長 田所 誠司(内科部長)
薬剤師1名、看護師1名、事務3名

業務内容

当院における臨床研究が「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年12月22日/文部科学省・厚生労働省)」に基づいて適正に実施されるように、研究者への支援を行う。

  1. 医学系研究申請書類の不備のチェック
  2. 医学系研究申請書類の記載内容の審査
  3. 倫理委員会への報告

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針

倫理指針

臨床研究に関するお知らせ(患者さん向け)

市立豊中病院では、以下の方々を対象に研究を行っています。これらに関してお問い合わせなどございましたら、各臨床研究の詳細にあるお問い合わせ先までご連絡ください。

内科

消化器内科

循環器内科

外科

消化器外科

脳神経外科

ページの先頭へ移動