病院紹介:市立豊中病院について

沿革

基本理念・基本方針・特色 | あいさつ | 患者さんの権利と責務・臨床倫理指針 | 沿革 | 概要 | 組織

市立豊中病院

昭和19年4月 私立病院を買収し豊中市民病院として発足
昭和29年7月 豊中市岡上の町に前病院竣工、市立豊中病院と改称
昭和32年7月 総合病院の認可を受ける。
平成元年7月 臨床研修医制度発足
平成9年11月 豊中市柴原町に新病院開院 オーダリングシステム運用
平成11年12月 財団法人日本医療機能評価機構より認定を受ける
平成12年3月 厚生省・臨床研修病院(医科)の指定を受ける
平成12年4月 厚生省・臨床研修病院(歯科)の指定を受ける
平成14年12月 厚生労働省から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受ける
平成17年1月 財団法人日本医療機能評価機構より認定を受ける
平成17年6月 登録医制度開始
平成19年11月 地域周産期医療センターの認定を受ける
平成20年2月 厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」の更新指定を受ける
平成20年7月 DPC(包括診療報酬請求制度)の対象病院となる
平成21年1月 市立豊中病院総合情報通信システム(TOPICS)を導入
平成22年2月 財団法人日本医療機能評価機構より再認定を受ける
平成22年3月 厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」の更新指定を受ける
平成22年11月 大阪府より「地域医療支援病院」の承認を受ける
平成23年4月 地方公営企業法の全部適用へ移行
平成27年2月 公益財団法人日本医療機能評価機構より再認定を受ける
平成27年3月 厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」の更新指定を受ける

ページの先頭へ移動