病院紹介:市立豊中病院について

緩和ケア研修会

地域がん診療連携拠点病院とは | がん地域連携パス | がん登録 | 院内登録レジメン一覧 | 緩和ケアと緩和ケア研修修了者 | 緩和ケア研修会(平成30年2月10日~11日) | がん医療公開講座

豊能二次医療圏 緩和ケア研修会の実施について

がん対策基本法が施行され、その重点課題の1つとして「緩和ケアの普及」を図るため、がん診療連携拠点病院を中心とした各二次医療圏の医師などに対する緩和ケアに関する研修会を実施することになっております。
この度、下記の日程にて豊能二次医療圏における緩和ケア研修会を市立豊中病院が開催することとなりました。本研修会は、緩和ケアにおける知識や技術のみならず、コミュニケーションスキルや地域連携など多岐に渡る研修内容で、厚生労働省健康局長通知「がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修の開催指針について」(平成20年4月1日付け健発0401016号)に準拠するものです。
ぜひ、豊能二次医療圏における緩和ケアの推進にご協力いただきたく、下記のとおり募集いたします。
広くがん治療医を中心としたがん診療に携わる医療従事者が参加できるよう、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

主催 市立豊中病院
日時 平成30年(2018年)2月10日(土) 9時30分~17時30分(9時より受付開始)
平成30年(2018年)2月11日(日) 9時~17時30分の2日間
緩和ケア研修会タイムスケジュール(PDF:174KB)
会場 市立豊中病院 管理棟5階講堂
所在地:豊中市柴原町4丁目14番1号
募集人数 36名 ※申込み受付は終了いたしました。
費用 研修受講料は無料。(会場までの交通費や昼食代等は自己負担)とさせていただきます。

参加者等の事項

参加対象者について

医師に関しては、がん診療に携わる医師、緩和ケアに携わる医師をはじめ、緩和ケアの技術や知識等を必要とする医師であれば良いものとする。経験年数などは特に問わない。
メディカルスタッフについては、研修内容が多少高度であることより、緩和ケア業務(緩和ケアチームなど)に従事している看護師、専門・認定看護師、薬剤師、臨床心理士等が望ましい。

プログラムの出席について

2日間のプログラムすべて受講することが参加の必須条件とするため、入院受け持ち患者の対応等の院内調整に十分留意すること。途中退席者には修了証書が発行出来ませんので、ご了承ください。

受講修了証書について

すべてのプログラムを履修した参加医師については、厚生労働省健康局長通知「がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修の開催指針について」(平成20年4月1日付け健発0401016号)に基づく厚生労働省健康局長名の修了証書を交付いたします。
また、すべてのプログラムを履修した医師以外のメディカルスタッフの受講者に対して、大阪府がん緩和ケア研修会実施要綱に基づき大阪府知事名の修了証書を交付します。

注意事項

本研修会は、地域の医師・医療者を対象とした緩和ケア研修会であり、本研修会の受講により、厚生労働省健康局長通知「がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修の開催指針について」(平成20年4月1日付け健発0401016号)にある、研修会企画責任者の要件を満たすものではありません

申込み方法 ※申込み受付は終了いたしました。

参加者等の事項に十分留意の上、下記参加申込書に記載しFAXにてお申込みください。

FAXによる申込み

FAX:06-6858-3602 がん相談支援センター

申込み受付期間

平成29年(2017年)12月20日(水)~平成30年(2018年)1月10日(水)
※申込み受付は終了いたしました。

申込者が定員を超えた場合は、選考とさせていただきます。
受講可否については、1月12日(金)以降に、申込書にご記入のメールアドレスにご連絡いたします。

市立豊中病院 がん相談支援センター
伊藤・仲谷
TEL:06-6843-0101(内線3123)
FAX:06-6858-3602

ページの先頭へ移動