病院紹介:市立豊中病院について

がん登録

地域がん診療連携拠点病院とは | がん地域連携パス | がん登録 | 院内登録レジメン一覧 | 緩和ケアと緩和ケア研修修了者 | 緩和ケア研修会(平成29年2月11日~12日) | がん医療公開講座

全国がん登録

全国がん登録とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国(国立研究開発法人国立がん研究センター)で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組みです。この制度は、平成25(2013)年12月に成立した「がん登録等の推進に関する法律」に、全国がん登録の実施やこれらの情報の利用及び提供、保護等について定められており、平成28(2016)年1月1日から施行されました。そのため、患者さんや家族の同意を得なくても、がん患者の登録を行なうことができるようになっています。個人情報を知られたくない場合でも、がん登録を拒否することは出来ません。

院内がん登録

院内がん登録とは、当該施設において診断、治療された患者さんのがんについて、全国がん登録よりも詳細な情報を集めて、国(国立研究開発法人国立がん研究センター)で集計・分析・管理する仕組みです。院内がん登録情報については、専門的ながん医療の提供を行う病院の開設者及び管理者による国へ情報提供は、個人情報保護法の定める第3者提供の例外とされておりますので皆様のご理解とご協力をお願い致します。

地域がん登録

地域がん登録とは、都道府県単位で実施されている事業になります。大阪府では、昭和37年より開始され、がん登録等の推進に関する法律が成立に伴い平成27年に終了しています。

ページの先頭へ移動