病院紹介:市立豊中病院について

院内がん登録

地域がん診療連携拠点病院とは | がん地域連携パス | 院内がん登録 | 院内登録レジメン一覧 | 緩和ケアと緩和ケア研修修了者 | 緩和ケア研修会(平成29年2月11日~12日) | がん医療公開講座

院内がん登録について

その施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療質の向上とがん患者様の支援を目指して活動を行うものです。がん診断・治療を受けた全患者について、がんの診断治療、予後に関する情報を基に、診療科や入院・外来を問わず、腫瘍毎(1腫瘍1登録)の登録をおこなっております。当院では、登録から予後調査までを「院内がん登録標準登録様式」に則って、国立がん研究センターがん対策情報センターの研修を受講した専任の診療情報管理士が登録を行い、より正確な情報を蓄積と活用を目的として登録業務を行っております。

院内がん登録における個人情報保護および情報の利用について

がん登録の情報については、その必要性から個人情報保護法の適応除外の事例に概当する
とされており、患者さんご本人の同意を得ずに登録が行われておりますが、「個人情報保護法」および「豊中市個人情報保護条例」を厳守し、院内がん登録を行っております。
また、地方自治体が実施する地域がん登録事業に対してがん登録情報(がん患者の氏名、生年月日、住所、診療情報等)を提供しております。
登録したデータを当病院内での研究に提供することがありますが、個人情報の取扱いには、最大限注意を払っておりますので皆様のご理解とご協力をお願い致します。

予後調査について

予後調査とは、院内がん登録や地域がん登録にすでに登録されている患者様の生存率計算のために確認するべき登録患者様の生死状況の調査です。
部位によって異なりますが、一般的に治療から5年経過後の生存率を「治癒」の目安としています。当院では、平成19年(2007年)より院内がん登録を開始しており、当院にてがんの治療を受けられた患者さんについて、その治療結果とその後のご健康状態を確認するための予後調査を行っております。具体的な方法としては、当院への受診情報を基本としますが、長期的に受診されない患者様については、紹介先への問合せや市町村への戸籍照会などを行っており、得られた個人情報は個人情報保護法に基づき適切に管理しております。

院内がん登録統計

ページの先頭へ移動